2019年4月12日金曜日

蕁麻疹と孫の手

十一年目の春はおかげさまで商売繁盛。客足順調でまずまずの忙しさ。しかしまた好事魔多し。「ちょっと身体がキツいな、これは来るかな?」と思っていたら案の定。

 持病(?)の蕁麻疹が発症。私は疲れたり、ストレスが溜まったりすると覿面にお肌に出るのです。全身のあちこちに特大の蚊刺されのようなミミズ腫れ。掻きむしると余計に痒くなり、腫れの熱感で頭までボーッとしてくる始末。

 さっさと病院に行って抗ヒスタミン薬を処方してもらえば楽になるのだけど、施術予約があって、すぐにその時間も取れない。

 なんとか辛抱して業務を終えた発症2日目の晩、ベッドにひっくり返って背中をかきむしる。ありがたいことに私は人並み以上に肩関節が柔らかく、自分の背中で手が届かない場所はない。手を後ろに回してバリバリボリボリやっていると、右の肩先から「グチッ」というイヤァ〜な音。一瞬遅れて襲ってくる激痛。

 悲鳴を上げてのたうちまわる私に驚き、隣で寝ていた嫁さんが飛び起きる。

「どうしたのっ?」
「うぐぐ、痛え……背中掻いてたら肩が外れた」
「ハァ? バッカみたい。それでも整体師なの!?」

「さて、この件から私と、
そして皆さんが得られる教訓は……
孫の手を使え!
(C.V.貝木泥舟)

 人間の肩関節の可動域は非常に広いのですが、だからと言ってその全てが有効だとは限限りません。人間の腕がその力を100%発揮できるのは、体の正面のごく限られたエリアのみ。側面や背中側に手を回せるからと言って、そこで十分な力を出せる訳ではないのです。

 当院に肩のトラブルでいらっしゃる患者さんのおおよそ半数以上の原因はここにあります。クルマの運転席に座ったまま後部座席の荷物を出し入れする。片手にお子さんを抱えたまま、逆の手だけで家事を行おうとする。狭いスペースに潜り込んで機械の整備をする方にもこういった症状が良く出るようです。

 それを治療する側の私が同じ轍を踏んでしまうとは。いやはや情けない。

以下余談

 さて、私は外れた肩をどうしたか? 救急車を呼んだ? いえいえ、それじゃ整体師の名折れとなってしまいます。脂汗を流しながらも自分で肩関節を調整して上腕骨頭を正常な位置に戻すと、すかさずアイシング。脱臼は受傷後どれだけ早く処置できるかで回復速度が変わってきます。これでもプロですから、その点は抜かりはありません。すでに痛みも引いて現在では問題なく施術できております。どうぞご心配なく。念のため。

2019年4月9日火曜日

植木等の電脳ゴースト?


 いつもの如く、お馴染みの患者さんと世間話をしながらの施術中のこと。デスクの方から聞きなれない電子音、そして女性の合成音声。

「こりゃまったー失礼しました!」

 患者さんと顔を見合わせて「?」

 調べてみると、Amazonオリジナルのタブレットに音声認識AIアシスタント『Alexa』がいつの間にか実装されており、それが起動した模様。……って、そっち方面に詳しくない人にはなに言ってるか分からないだろうなぁ(汗

 要は、コンピューターが人の言葉を聞き取って、音声で会話をするように操作できる仕組み。Alexaだと「アレクサ」と呼びかけることでこの機能が立ち上がるのだけど……施術中にそんな言葉発してないぞ。

 しかも、後になって「こりゃまったー…」という返答が、どんな呼びかけに対するものなのか調べてみたら「お呼びでない」と。患者さんに対してそんな失礼なことも言ってない。

 ちなみに、どうやって調べたかというと「こりゃまったー…」という返答を受けそうな言葉を推理してタブレットに呼びかけ続けるというアナログな手法。いい歳したおっさんが手にしたタブレットに向かって「アレクサ、植木等は好き?」とか「アレクサ、わかっとるね?」とか「アレクサ、あ、スースーダララッター(スーダラ節を歌う)」とか。その度に「何を言っているのか分かりません」と返答される狂気の沙汰。人に見られたくない姿ではある。

 結局、なんで起動したのか分からないまま。

 Alexa自体は便利な機能ではあるけれど、また意図せず起動して、筋トレ中にヘッドホンでこっそり聴いている恥ずかしい音楽プレイリスト(アニメ『北斗の拳』や『キン肉マン』の主題歌や、映画『ロッキー』や『ターミネーター』のテーマ曲などが山盛り)や、最近、最近プライムビデオで鑑賞を始めた動物美少女がフレンズと一緒にキャッキャウフフする萌えアニメなんかを施術中に勝手に再生されると困るので、とりあえずは機能を封印。

 なお、同様の事故(?)はAppleのAIアシスタント『Siri』でも発生しており、こちらは骨盤を調整する際の患者さんへの声かけに反応。「はい、お尻が重くなりますよ」の文頭を起動キーワードの「Hey Siri(ヘイ、シリ)」と誤認識したため。

 いやはや、すごい時代がやってきてるんだなぁ。


 以下余談 10代の頃に観た映画『スタートレック4 〜故郷への長い道』にこれと同様(正反対?)のシーンが出てくるのを思い出した。

 80年代のアメリカにタイムスリップした未来の宇宙船のクルーが、当時最新のコンピューター(Appleのマッキントッシュ)を操作するのだが、マウスをマイクのように握って「ハロー、コンピューター」と呼びかけるのだ。未来の世界では音声入力が当たり前。それを「時代が違うぞ」と同僚に指摘され、目の前にあるキーボードに気付く。

 私にはコミカルなシーンに思えるけど、AIアシスタントが当たり前のデジタル・ネイティブ世代の眼にはどう映るのかねぇ。

2019年3月16日土曜日

休診のお知らせ

誠に申し訳ありませんが
院長所用のため
3月17日(日)は休診といたします。
ご迷惑をおかけしますが
何卒ご了承くださいませ。

院長 加島拝

2019年2月6日水曜日

力こぶ症候群?


 本格的なトレーニング・ジム通いを始めて約半年。他の来場者を観察していると『人気のトレーニング種目』がなんとなく見えてきます。

 男性の場合、圧倒的に行う人が多いのが上腕二頭筋、いわゆる『力こぶ』を鍛える種目。代表的なのはダンベルを持って、身体の前で肘を曲げ伸ばしするアーム・カールと呼ばれるトレーニング。男性ならば、これだけの説明でどんな種目かをイメージできるはず。それほどに「筋トレといえばコレッ!」ってくらい認知度は高いようです。

 下は10代20代の若い子から、上は70代80代とおぼしき御高齢の方まで、ダンベル持ってエッチラオッチラ。入場すると一目散にダンベルを抱え、この種目だけ行って帰っていく方もいらっしゃるくらいの人気です。

 あえて言わせていただければ「もったいないなぁ」と。せっかく時間とお金を使ってジム通いをしているのに、わざわざ自ら『労多くして功少なし』の道を選ぶとは。

 力こぶは、そのイメージとは裏腹に非常に小さな筋肉です。当然ながら、ここだけを鍛えても見た目だったり身体能力だったり男性的魅力がどうこうなるものではありません。力こぶは鶏肉に例えるなら手羽元です。どう肥育しても胸肉やもも肉より大きくなることはありません。

 どうせ筋トレをやるなら、より多くの筋肉を鍛えることのできるスクワットやベンチプレスなどの種目をやった方が効率的に身体を変化させられるのですが、なぜか力こぶに御執心の方が、これらの種目をやっているのを見たことがありません。不思議ですねぇ。

 筋トレなんて半ば趣味道楽の世界ですから、誰がどんなトレーニングをしようが問題はないのですが、やはり何事にもノウハウとテクニックってのがあります。分からないまま我流を続けるより、インストラクターさんに質問して正しい知識を身に付けるのがマッチョへの早道(?)なんだけどなぁ。

 徒然草にも曰く『何事にも先達はあらまほしきことなり』ですよ。

 しかし不思議なのは「力こぶは男性的な力強さの象徴」だと若い世代の方も感じてるってこと。五十路の院長は世代的にスーパーマンやポパイ、シュワルツェネッガーやスタローンの洗礼を受けているのですが……もしかしたらドゥエイン・ジョンソンとかジェイソン・ステイサムなんかの映画でそんな演出があった? いや観てないから知らんけど。


2019年1月15日火曜日

特効薬


 インフルエンザ発症から一週間。熱も下がり、咳もほぼ止まって、本日より無事に業務を再開いたしました。事前予約のキャンセルや、依頼お断りするなどでご迷惑をお掛けした皆様には心よりお詫び申し上げます。

 罹患当初は自力で治そうかとも思いましたが「新しく出来た良く効くお薬出して貰えるから。熱も下がるから」と嫁さんに説得され病院へ。

 果たしてお医者さんに「それじゃ『特効薬』を出しますから」と。お医者さんが『特効薬』って言葉使うのを50年生きて来て初めて聞いたかも(笑

 粉薬を吸入するタイプのお薬は確かに驚くほど良く効いて、翌日には38度以上あった熱が一気に下がりました。これは有難い。我ながら呆れるほど熱に弱くて、37度を境にフラフラし始め、37.5度を越えると寝込んでしまうほど。それが今回、最高38.6度で「あ゛ぁぁ〜〜ぅ、死゛ぬ゛ぅぅ〜〜、ぐるぢいぃぃ〜〜」とのたうち回ってた姿は、とても人様に見せられたザマじゃありませんでした。有難いねぇ、特効薬。

 しかし『特効薬』っていうなら「クソッタレ、俺は医者だ、石屋じゃないぞ。この青い血の宇宙混血私生児め!」と毒突く口の悪い頑固者のドクターが、ピストル型のハンコ注射を首筋にプシュ!……とかって時代は私が生きてるうちには訪れないだろうなぁ……って、これは分かる人だけ分かればいいです、ハイ。どうぞお気になさらず(汗

 なにはともあれ、ようやく新年のスタートを本格的に切ることができました。整体施術のご依頼ご用命は、あしたか気功整体院まで。心よりお待ちしております。

2019年1月12日土曜日

臨時休診のお知らせ


1月14日(祝)まで臨時に休診とさせて頂きます。
インフルエンザに罹患してしまいました。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦くださいませ。

院長 加島

2019年1月8日火曜日

『いだてん』とマラソン足袋


 一昨日スタートした今年のNHK大河ドラマ『いだてん』。院長は第一回を視聴後、慌ててある行動を起こしました。それは……

 ネットショッピングでのランニング足袋の発注です。

 二又の爪先にゴム底、こはぜではなく紐で締める和洋折衷の足袋は、今後のドラマで必ず出てくるキー・アイテム。かつてはマラソン足袋とか金栗足袋とか呼ばれていたそうです。

 私はこれをトレーニング・ジムでの上履きとして使っています。

 非常に気に入っているのですが、昨年のドラマ『陸王』以降は慢性的な品薄で手に入りにくくなっていました。やっと最近になってネットショップでもサイズが出揃うようになり「これで安心して履き潰せるなぁ」と思っていたのですが、その矢先の本作『いだてん』です。間違いなくブームが再沸騰し、一気に品切れとなるは必定。その前に何とか無事に一足購入することができました。

 ちなみに現在のマラソン界的(?)には革命的な厚底ブーム。ナイキの厚底シューズの登場によって、男子マラソンは遠からず2時間の壁を破るのではとも言われています。今年の箱根駅伝でも選手は皆ポックリさんのようなシューズを履いて飛ぶように走っていました。

 そんな時代に薄底の極致であるマラソン足袋で黎明期の日本スポーツ界を駆け抜けた男の生涯が大河ドラマになるのですから、なかなか面白い巡り合わせですねぇ。