2019年5月20日月曜日

横須賀みやげは『男の修行』

「はい、お土産。先生の好きな自衛隊Tシャツ♪」と本職の常連さんからプレゼント。やれ嬉しや。どんなデザインかなぁ。早速袋から引っ張り出してみると……


「横須賀みやげだから、“海”さんのね♪」

 うわぁ、山本五十六の『男の修行』だ。自衛隊Tシャツというより帝国海軍Tシャツだなぁ。

 ありがたく押し頂きつつ『これ、スポーツジムに着ていったら居酒屋の店員さんだと勘違いされそうなデザインだなぁ』と思ったり(笑) いやいや、この名言は昨今流行の『居酒屋ポエム』とは一線を画している……はず……多分……いや絶対。

 改めて、我が身を振り返りつつ、しみじみと読んでみる。

 苦しいことからは逃げ、好き放題言い散らかし、不満はすぐ顔に出し、朝から晩まで腹の立て通し。結果泣き喚いてもどうにもならなかった我が人生。子供の頃は五十年も生きれば『立派な大人』になれると思っていたのに、外見が老けただけで、中身は今だにガキのまんま。それもこれも男の修行を怠ってきた報いかねぇ。父ちゃん、情けなくて涙出てくらぁ。

 何事も遅すぎるってことはない。いつだって人生で今が一番若いんだから、この言葉を背中に背負いつつ、男の修行をいたしましょう。

2019年5月18日土曜日

オートバイ日和ですが……


 空青く、緑眩しく、風心地良く。オートバイに乗るには今が一番良い季節……なんですが、それは分かっちゃいるんですが。最近、もっぱら私の愛機に跨る(?)のは猫のムゥちゃん。シートは毛だらけ足跡だらけ。せっかく車検を通したばかりなのになぁ(泣

 というワケで、あしたか気功整体院、土日も休まず営業しております。季節の変わり目に出やすいお身体の不調を古武術秘伝の整体術でスッキリサッパリと解消しませんか?

2019年5月13日月曜日

出張施術を再開します

しばらく依頼をお断りしていた出張施術を再開いたします。

ご要望の方はお電話にてご相談ください。

できれば施術希望日前日までにご連絡いただけると助かります。

院長 加島拝

※ 施術料に加えて出張料を別途1000円頂きます。
※ 院での施術を優先させて頂きますので、ご要望に添えない場合もございます。



2019年5月10日金曜日

酒抜いて5ヶ月


 ほとんど開店休業の静かな連休が終わると共に、一気に波が返すように千客万来。日々額に汗しながら密かに胸をなで下ろしている院長です。連休中は「このまま患者さん来なくなったらどうしよう」と愚痴っていましたが、嫁さんによると、毎年GWには同じこと言ってるとのこと。我ながら『喉元過ぎればなんとやら』です。

 そんな与太話を患者さん相手にしてたら「でも、昼間からお酒が呑めて良かったでしょ?」と。開院直後からのお馴染みさんなので、私が飲兵衛なのも良くご存知。

 ところがどっこい。昨年12月より一滴もお酒を呑んでないんです。すでに5ヶ月目。

 何か身体に支障が出たためではなく、ある日ふと「今日は止めとこ」と思い立ち、それ以降酒抜きの日々が続いているのです。

 その前日までは4日で焼酎一升の日々が約20年。明らかに呑みすぎだったわけですから、私の身体が帳尻を合わせようとしているのかもしれません。

 ちなみにお酒を呑まなくなっても特に体調などに変化はありません。手が震えることも幻覚幻聴の類もなし。寝付きも良好。強いてあげるなら体重の微減くらい。

 ともあれ、厳密には決して酒を“禁”じたわけではないので、今夜にも再開するかもしれないし、もしかしたら一生呑まないかもしれないし。それは自分の身体に任せてみようかな、と。

 ……って、これを書いちゃうと「痛くて我慢できない。これから診て!」という夜間の緊急入電に「今夜はもう酒呑んじゃってるから、明日の朝にしましょう」と言えなくなるんだよなぁ。

 と、すかさず嫁さんが「それがあなたの仕事でしょ!」と。はい、仰せの通りにございます(汗

2019年5月1日水曜日

謹賀新元


新たな時代の幕開けですが
あしたか気功整体院は
進歩や躍進とは縁なく いつも通り
世の中には変らない方がいいものだってあるんです。


……と、ブログには書いておこう。 院長

2019年4月26日金曜日

ゴールデンウィークも休まず営業します♪

明日から始まる10連休、そして時代は令和へと移りますが、あしたか気功整体院はいつも通り。連休中も施術依頼を受け付けております。

 ただし、これもいつも通りなのですが、事前予約を忘れずにお願いします。何しろ呑気な院長ですから、少しでも空いた時間が出来るとバイクに乗って近所をフラフラしたり、ジムへ汗を流しに出かけたりと、いつも通りの極楽トンボの浮世雲。

 そのため電話で開口一番「これからすぐに出来る?」と言われても対応できない場合もありますので、念のため。

 それでは皆さま、楽しい休日をお過ごしください。そして、連休中に身体の調子を整えたいとお思いでしたら、是非あしたか気功整体院への御用命を。まずはお電話、お待ちしております。

2019年4月12日金曜日

蕁麻疹と孫の手

十一年目の春はおかげさまで商売繁盛。客足順調でまずまずの忙しさ。しかしまた好事魔多し。「ちょっと身体がキツいな、これは来るかな?」と思っていたら案の定。

 持病(?)の蕁麻疹が発症。私は疲れたり、ストレスが溜まったりすると覿面にお肌に出るのです。全身のあちこちに特大の蚊刺されのようなミミズ腫れ。掻きむしると余計に痒くなり、腫れの熱感で頭までボーッとしてくる始末。

 さっさと病院に行って抗ヒスタミン薬を処方してもらえば楽になるのだけど、施術予約があって、すぐにその時間も取れない。

 なんとか辛抱して業務を終えた発症2日目の晩、ベッドにひっくり返って背中をかきむしる。ありがたいことに私は人並み以上に肩関節が柔らかく、自分の背中で手が届かない場所はない。手を後ろに回してバリバリボリボリやっていると、右の肩先から「グチッ」というイヤァ〜な音。一瞬遅れて襲ってくる激痛。

 悲鳴を上げてのたうちまわる私に驚き、隣で寝ていた嫁さんが飛び起きる。

「どうしたのっ?」
「うぐぐ、痛え……背中掻いてたら肩が外れた」
「ハァ? バッカみたい。それでも整体師なの!?」

「さて、この件から私と、
そして皆さんが得られる教訓は……
孫の手を使え!
(C.V.貝木泥舟)

 人間の肩関節の可動域は非常に広いのですが、だからと言ってその全てが有効だとは限限りません。人間の腕がその力を100%発揮できるのは、体の正面のごく限られたエリアのみ。側面や背中側に手を回せるからと言って、そこで十分な力を出せる訳ではないのです。

 当院に肩のトラブルでいらっしゃる患者さんのおおよそ半数以上の原因はここにあります。クルマの運転席に座ったまま後部座席の荷物を出し入れする。片手にお子さんを抱えたまま、逆の手だけで家事を行おうとする。狭いスペースに潜り込んで機械の整備をする方にもこういった症状が良く出るようです。

 それを治療する側の私が同じ轍を踏んでしまうとは。いやはや情けない。

以下余談

 さて、私は外れた肩をどうしたか? 救急車を呼んだ? いえいえ、それじゃ整体師の名折れとなってしまいます。脂汗を流しながらも自分で肩関節を調整して上腕骨頭を正常な位置に戻すと、すかさずアイシング。脱臼は受傷後どれだけ早く処置できるかで回復速度が変わってきます。これでもプロですから、その点は抜かりはありません。すでに痛みも引いて現在では問題なく施術できております。どうぞご心配なく。念のため。