2018年7月31日火曜日

ペットの熱中症にもご用心!


『熱中症にご用心!』と、もう6月初旬から患者さんに触れ回っているあしたか院長ですが、ペットを飼われている方は、どうぞ可愛い愛犬、愛猫、愛兎、愛家鴨、愛ハムスター、愛フェレット等々……にも気を配ってやってください。

 今年の暑さは異常です。空調を停止した室内に、物言えぬペットを放置するのは虐待に等しい行為ですよ。

 ツイッターで見たのですが、ウソかホントか猫は『暑い、寒い』よりも『お気に入りの場所』にいることを優先するせいで熱中症になることがあるのだとか。

 我が家の御齢25歳の老猫ミケさんは、南向きの掃き出し窓の側がお気に入り。さすが年の功。どことなく鷹揚に『御簾を上げよ』とばかりに「にゃおん」とひと鳴き。カーテンを開けると何時間でも窓越しに庭を眺めています。

 大変大変! カンカン照りの窓際に何時間もいたら脳が煮えちゃう! よって、今年はミケさんがどんなに鳴こうとカーテンを開けず、冷感素材でヒヤッと冷たいベッドを新調。そして、ミケさんがいる居間は日中はずーっとエアコンかけっぱなし。

 幸いなことにミケさんは新しい寝床を気に入った模様。良かったね。

「これはもう『ペット』じゃなくて『介護』だね」と嫁さん。その通りかも。

 縁あって患者さんから引き取った老猫、この子が生を全うするまでキチンとお世話をさせていただきます。

 なお、齢25年の年輪は伊達ではなく、全てを見通したような目付きで人間たち(私たち夫婦)の話に耳をそばだてているかと思えば、子猫のようなあどけない仕草を見せることも。この子がうちに来たのは、やっぱり運命だと思うなぁ……とかってw まぁ、つまりは院長の愛猫自慢ってことで(汗

0 件のコメント: