2018年6月3日日曜日

痛ぇものは痛ぇんだよッッッ!

 激しい腰痛で当院を訪れたご婦人、2週間で3回の施術と、セルフケアの指示(適切なタイミングで患部を冷やす、もしくは温める。骨盤ベルトの使用等)にて、わずかに違和感が残るのみに。

 かなり手強い症例ではあったけれど何とか良くなってくれたと胸をなで下ろしていると、患者さん曰く「会社に診断書を出さなきゃいけないんで、今日は病院にも行ってきたんです」と。

 ああ、それは賢い方法だし、私も助かります。当院は民間資格の代替医療。書類だの何だのを出せと言われても、それらに一切の法的効力はないのです。それでもいいから出せと言われりゃ書類を作らぬこともないが、できることならそういう仕事はしたくない。ぶっちゃけて言うとメンドクサイ(笑

 んで、患者さんの言うことにゃ。

「レントゲンとMRIを撮ったんだけど、お医者さんはそれ見ながら『すごく綺麗な骨格だ』って。あしたか先生に調整してもらったおかげです」

 う〜ん、調整後だったってのもあるかも知れないけど、整形外科のお医者さん方と、私たちとでは『骨の見方』が違うからなぁ。お医者さんから見たら「異常なし。正常の範囲内」の数ミリに満たないズレでも、私から見たら「コレこそ痛みの原因、諸悪の元凶」ってケースも多々あるのです。しかしまぁ、それはそれ。読影でも問題がないのなら、なお安心。

「けどね、ヒドいんですよ。『コレでそんなに痛いかなぁ』ってお医者さんに疑われて。まるで私がクレーマーみたいな言われ方もされて」と大憤慨。ありゃ、これはいけません。主訴(患者さんが訴える最も主要な病症)を疑ってかかるようじゃ治療もへったくれもあったもんじゃないです。

「でも、あしたか先生はパッと見て『コレは痛いよねぇ。分かりますよ』って言ってくれて、それだけでもすごく気持ちが楽になったんですよ」とお褒めの言葉を頂きました。

 こんな言い方が正しいのかどうかは分かりませんが『痛み』って非常にパーソナルなものです。誰かの痛みを代わって感じることは絶対に出来ないし、痛みの大小強弱を数値化することも基本的には不可能。

 しかし、無理だと分かっていてもなお、私は患者さんの痛みを自分も感じ、共有する心づもりで施術に臨んできました。それがちゃんと患者さんには伝わってるんだなぁ、と。

 とまぁ若干手前味噌ではありますが、うれしかったのでここに記述。

※※※

 以下余談。「ところでこのTシャツを見てくれ。こいつをどう思う?」



「すごく・・・陸自です・・・」って元ネタが知れたら院長の嗜好が疑われるようなギャグは置いといて(笑) 東名高速あしたかPA(下り)の売店に『自衛隊コーナー』が出来たとのウワサを聞きつけ、仕事の合間にダッシュでGO! ネオパーサではないのですが、あしたかPAも下道から入れるんです。


アイテム数こそ少ないものの、キャップやハット、ポーチ、バッグ、アクセサリーなど、駐屯地の購買部などで見たことのある迷彩柄のアレコレが。こりゃ嬉しいなぁ。

 そんな中で私が買ったのが上のTシャツ。『からだが資本ですから』ってプリントの上にある三芒星に月桂樹のマークは体力徽章といい、規定の基準以上の体力のある隊員に与えられる名誉のシルシ。本来ならば私なんぞが身につけることも憚られるマークなのですが、んまぁ『からだが資本』の仕事をしてるのは隊員さんたちと同じだと自負しておりますので、どうぞご容赦くださいませ(汗

 来週早速コレ着てジムに行こ〜っと♪ ウケるかなぁ……って誰に?

0 件のコメント: