2018年5月16日水曜日

寝言は寝てから言いませう 〜よくあるQ&Aより



Q.「先生、痩せるツボってないですか?」

A.「人体にそんなものがあったら、今頃私は億万長者ですよ」

 太るとか痩せるとかは、基本的に『摂取したエネルギー』と『消費したエネルギー』の差によって生じます。食べ過ぎれば太るし、たくさん動けば痩せます。ただ、そのバランスを上手に取ることが難しくて皆さんダイエットに苦労しているのですが。

 いずれにせよ、ピッと押して「ホァタァ〜! お前はもう痩せている!」とか、モミモミするだけで「超振動マイクロ波(なんじゃそりゃ?)で脂肪を分解排出!」とか、あるいは「これを食べるだけでみるみると……」なんて都合の良いことあるわけないじゃないですか。

 なんにせよ男一匹あしたか院長、痩せても枯れてもそんなインチキ商売に手を出すつもりはございません(笑

Q.「○○さんは先生のところで一発で治ったって聞きました。私も治りますか?」

A.「最大限の努力は常にしていますが、やってみないと分かりません」

 『腰痛』といっても、その原因は様々です。骨から来るもの、筋肉から来るもの、全体のバランスの崩れから痛みが出ることも。

 例えばギックリ腰のように、骨(腰椎)のズレが原因の痛みは、これを戻してあげれば一回の施術で嘘のように痛みが引く場合もあります。また一方で、凝り固まった慢性腰痛の場合は何回も施術を重ね、薄紙を剥がしていくように徐々に痛みをとっていかねばなりません。

 この見立ては直接お身体を診せていただかないと不可能です。お電話で「一回で治してください」と言われても……ねぇ(汗

Q.「こうやって動かすと、ここが凄く痛くなるんですが」

A.「ではまず、その動作を止めてみましょう」

 『痛み』は身体が発するSOSです。軽く考えてはダメです。痛みを生じる動作は極力控えてください。

「でも、仕事だから……」とか「私以外にやってくれる人がいないから……」と無理を続けていると、悪化して痛みが長引いたり、それこそ取り返しのつかない状態になってしまうこともあるのですよ。

 私たちが天より与えられた肉体は今生一度にこれひとつっきり。あたら無理な使い方をして自分で壊してしまっては勿体無い。大事に上手に使って楽しい人生を送りましょう。

0 件のコメント: