2018年5月23日水曜日

髀肉の嘆


 五月に入ってから、オートバイのリハビリ(?)を少しづつ。まだまだ眼に不安があるため長時間走行や高速走行は控えていますが、近所の山道をゆっくりと流してライディングのカンを取り戻す努力をしています。

 そして気づいたこと。私のオートバイ本格復帰のために必要なのは、視力の回復や操縦のテクニックではなく『股関節の柔軟性と筋力』でした。

 私の愛機は約30年前の古いドイツ製です。最新のオートバイのように人体工学バイオ何ちゃらデザイン(?)に基づいた理想の人車一体を実現するライディングポジション……などは基本的に考えられておりません。

 つまり、少々(かな?)乗りづらいのです。特にシートは幅が広すぎて座りづらい。それでも色々と工夫したり、シート自体を加工したりして対応して来ました。

 そんな努力も半年以上のブランクで水の泡。最初はバイクを跨ぐのも一苦労。やっとシートに座り、ステップに足を乗せようとしてもブーツの重みで足が上がらず。若い頃に格闘技で無茶して壊した股関節の古傷に激痛が。やっと走り出しても違和感なく跨っていられるポジションがなかなか定まらず、腰が落ち着かない始末。

 この2月からは体力を衰えさせまいとジムに通って下半身もそれなりに鍛えているつもりですが、ジムでの動きと、オートバイ乗車のための動きでは、筋肉の使い方や連携が少し違うようです。先に書いた『エアロバイクは歩行のための筋肉増強には直接的には役に立たない』ってのと本質的には同じこと。

 まぁ、嘆いてもどうなるわけもなし。ボチボチとリハビリするしかないですねぇ。『退かぬ、媚びぬ、省みぬ』てはなく焦らず倦まず諦めずの精神で。


「リハビリに逃走はないのだーーー!!」





 

0 件のコメント: