2018年4月27日金曜日

老い支度の筋トレ!?


 あしたか気功整体院調べ(?)によると、加齢に伴う各種不調は椎間板ヘルニアでも、変形性関節症でもなく、ズバリ『筋力(体力)の衰え』による症例が最も多いです。

「何を当たり前のことを!」とお思いの貴方、実はそう言いつつ「私は大丈夫」と心のどこかで思っていませんか? それ、大間違いのコンコンチキですよ。

 多くの人が、筋力(体力)は坂道を下るように徐々に落ちていくと思っているようですが、実はそうではありません。衰えは階段状にやってきます。

 昨日まで出来ていたはずのことが、今日は出来なくなっている。気がつくとガクンと体力が落ちている。そんな心当たり、ありませんか?

 例えば「そういえば立って靴下が履けなくなった」という六十代の女性、「神棚の水を替えるのに手が上がらなくなった」という七十代の男性、「お気に入りだったホーローの鍋が重く感じて使うのが億劫になった」という四十代の女性などなど。

 このような小さな段差を下っていくと、その先には自らの体を自由に出来ない老後が待っていると言っても過言ではありません。放置してはダメです。ではどうするか?


筋トレ、しましょ♪

 どんなに簡単でも、どんなに短時間でも、どんなに低負荷でもいいんです。全くやらない『0』と、わずかでも実践した『1』との間には、それだけで大きな大きな差があるのです。そして、それは必ず結果に繋がります。段差を降りることを踏み留まるどころか、もう一度ステップアップすることさえ可能なのですよ。

 もしも体力の衰えを感じ、何らかの対応をしたいとお思いでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

 ちなみに、かく言う私も、昨年9月に眼を患ってからグンと活動量が減って、体力の衰えを自覚。「これはマズい」と、腕立て伏せと腹筋を毎日各10回づつ。これでさえ息も絶え絶えだったのが、約半年経ってみたら、トレーニングジムに通ってダンベルやバーベル振り回してたり。

 身体の鈍ったアラフィフなりのトレーニングなので、大したことはないですが、週に二回、楽しみながらジムに通っています。

 当初は「少なくとも70歳まで整体の仕事を続けられる体力を維持するため」と思っていたはずが、今ではプロテイン(筋肉の原料となるタンパク質のサプリメント)シェイクを飲んで「生卵半ダースを一気飲みしたロッキーと同じくらいタンパク質を摂取したぞ」とニンマリしたり、腰を固めて高重量のウエイトを扱えるリフティングベルトを締めたり、バーベルやダンベルをガッチリ握るためのグローブ(漢の厨二ゴコロをくすぐる指切りタイプ)を履いて「ををっ、倉田てつをみたいだ!」悦に入ったり、トレーニング中に聴く音楽のプレイリストを作ったり。

 北斗の拳の主題歌『タフボーイ』や、『キン肉マン Go Fight!』、映画ロッキー3の『アイ・オブ・ザ・タイガー』、クィーンの『ウィー・ウィル・ロック・ユー』なんかを密かにヘッドホンで聴きながら、大して重くもないウエイトと顔を真っ赤にして格闘する自分自身に「んもう、いくつになってもオトコノコなんだから」と、我ながら微笑ましいやら、精神的成長のなさに情けないやら。……どうしてこうなった!?

0 件のコメント: