2018年3月29日木曜日

ヤンキー座り=アジアンスクワット

 

 先の入院時に和式トイレでしゃがめなかったことにショックを受け……た訳ではないけれど、ヤンキー(うんこ)座りの研究と実践など。

 患者さんにも「テレビでヤンキー座りで腰痛が治るってやってましたよ」と教えてもらい、早速検索。一緒に引っかかって来たAV男優さんの著作も合わせて発注。ぼちぼち読み進めております。

 ちなみに、太ももの裏がふくらはぎとくっ付くほど深くしゃがむ姿勢は『アジアンスクワット』とも呼ばれ、欧米ではヤンキー座りが出来るのは全体の1割ほどしかいないそうです。これがフィットネス業界で注目赤丸急上昇中なのだとか。

 昨年話題となった自重トレーニング本『プリズナートレーニング』でも、紹介されているスクワット法は、このヤンキー座り式のスクワットで、「太ももの裏がふくらはぎとくっ付けて」座れるようになるまでを念入りに解説しています。

 しかしまぁ、かつては「下品」だの「不良っぽい」だのと蔑まれてきた姿勢が再注目を浴びているのだから、人間ってのはつくづく勝手なモンだよねぇ(笑)


0 件のコメント: