2017年4月12日水曜日

座椅子注意報!?


 年配の方の腰痛原因のひとつとして結構多いのが『座椅子』の使用です。

 背もたれに寄りかかって『楽な姿勢』で毎日何時間も座った結果、骨盤の後傾、腰椎の前弯消失、背筋群の筋力低下。見事なくらいに慢性腰痛の原因要素満載です。

 『楽な姿勢』と『正しい姿勢』は別物です。あなたの脳ミソが座椅子にだらしなく持たれかかっているのを『楽な姿勢』だと感じている時、身体はその負担に悲鳴を上げていることも多いのですよ。

 『正しい姿勢』は『技術』です。体得するには訓練と努力が必要です。しかし、一度身につけてしまえば、身体にとって良いことばかり。それを日本では古来より『礼儀作法』と呼んだり『躾』と呼んだりしているのです。

 行住座臥を正しく行えば、それだけで肩こりや腰痛の予防となるのです。「しゃっちょこばってると逆に腰が痛くなる、肩が張る」という方は、それらの筋肉が弱ってきているから。正しい姿勢で辛くなるのは、弱った筋肉に刺激が入って鍛えられていると考えましょう。

 そして、これが最も大事なことですが、何歳になっても『正しい姿勢』を体得するのに遅すぎるということはありません。慢性的な腰痛に悩まされている方は、ご自身の生活習慣を見直してみるのも大切ですよ。

 まずは座椅子とサヨナラするところから始めてみませんか?

0 件のコメント: