2017年3月17日金曜日

マッサージ機にご用心


「肩こりにマッサージ機を当ててもらったら逆に痛くなっちゃって」という患者さん。

 首が動かそうとすると痛みが出るので寝起きするのも一苦労だとか。首の付け根から肩甲骨にかけて筋肉がカチコチ。「ちょっと失礼」と襟元から覗き込むと皮下は鬱血。

「これ、肉離れ(筋挫傷)を起こしてますよ。だいぶ強いの当てたでしょ?」

「全然効いてる気がしなかったので一番強くして。5分くらいなんですけどねぇ」

 痛めた筋には出来るだけ触らないようにして胸椎から肩甲骨にかけてを緩め、首の動きを回復させました。まだ動くと少し痛いようですが、これは痛めた筋が治るまで辛抱してもらうしかありません。

「今夜はお風呂に入るのは控えてください。あと、マッサージ機はしばらく禁止ですよ」

 最近のマッサージ機はパワーが強過ぎるのか、こんなケースがたまにあります。

 家電量販店でお試しでマッサージチェアに座って、そのままウトウト。目が覚めて立ち上がろうとしたら腰が抜けてしまった……なんて方も以前いらっしゃいました。

 人間の背中側は自分が思っているより感覚が鈍いのですよ。マッサージ機のかけ過ぎにはご注意を。

0 件のコメント: