2017年1月14日土曜日

身体の暖機運転

 ようやく冬らしい寒さとなってきた昨今、当院の電話が早朝から鳴ることが多くなりました。

「今朝起き上がろうとしたら腰がピキッとなって」
「顔を洗おうと屈んだら痛みが出て」

 そのほとんどが『身体の暖機運転』をしっかりせずに動き始めたためによるトラブルです。



 最近のクルマは性能が良くて、エンジンを掛けたらすぐに走り出せるそうです。暖機運転はガソリンの無駄にしかならないとか。

 しかしながら人間はそんなわけにはいきません。起床時の体温は平熱を大きく下回ります。体温が低ければ、当然ながら筋肉も動きが悪くなります。

1、目が覚めてもすぐに飛び起きないこと。
2、起床してしばらくは慎重にゆっくりと動くこと。
3、暖かい飲み物(白湯がオススメです)を飲んで、内から体を温めること。

 これらを心がけるだけでも朝から身体のトラブルに悩まされることは少なくなりますよ。それでも万が一「イタタッ!」ってなったら、どうぞあしたか気功整体院までお電話を。

 それでは、今日も一日ご安全に!

0 件のコメント: