2016年10月14日金曜日

アドリブ院長


 院長の趣味であるブルース・ハープ。別名10ホールズと呼ばれる10個の穴を持つハーモニカです。1個の穴につき2つの音が出るので計20音3オクターブ。

 この手のひらに隠れてしまう小さなハーモニカを飽きもせず10年近くプカプカ。上の動画程度までは吹けるようになりました。

 で、今取り組んでいるのは『アドリブ』。曲に合わせて「自由に思いのままに音を紡ぐ」演奏法です。これがなかなか難しい。そもそも音楽的な基礎知識や素養皆無の院長。基本の音楽理論を並行してお勉強しつつなので学習は遅々として進みませんが。


 関係書籍を買いあさったり、ネットで検索したりと試行錯誤の毎日ですが、まぁこれはこれで楽しいかも。

 んで、その中で私の感性にフックしたのが下の言葉。

「同じ曲を楽譜通りに毎日毎日ひたすら繰り返す。『どうしてこんなこと延々とやらなくちゃいけないんだ!』と逆ギレするまで。そこまで突き詰めていくと絶対にリズムやメロディ変えて演奏したくなるはず。
それがアドリブだッッッ!

 成る程、ストンと腑に落ちる言葉です。

 私の仕事も同じ。相手が小学生であろうが、90歳近いご高齢であろうと、やることは基本同じ。

 ズレたところを戻し、外れたところを嵌めて、骨盤の水平垂直を出す。少々乱暴な物言いですが言葉にするとこれだけ。

 開院当初はこの基本に沿って施術するだけで精一杯でしたが、最近ではちょこっとアドリブを効かせられるようになりました。

 患者さんの性別、年齢、体格、痛めた場所や痛みの強さなどに応じて手順を組み替えたり、別手法を使ったり。師匠から習った基本から外れることのない範囲で、より患者さんに寄り添った施術をできるように工夫を凝らしています。

 うーむ、何事も飽きずに続けていれば見えてくるものがあるんだよなぁ。

 人生の折り返し点を過ぎ、時間に限りがあると思い知らされてからの「気付き」なのが、なんとも歯がゆくもあるけれど、あれこれと中途半端に食い散らかし、モノにならぬ経験ばかり積んだからこその「気付き」かもしれないしなぁ。

 そんな弱気を振り払うべく『明日死ぬかように今日を生き、永遠に生きるが如く今日学べ』と自らを鼓舞しつつ、今日もあしたか気功整体院、元気に開院です。上記の通り、ハーモニカをプカプカやりつつ皆様のご来院をお待ちしております。

0 件のコメント: