2016年10月4日火曜日

許さんッッッ!

 久しぶりに毒を吐きます。

 いつの頃からでしょうか。気がつけば「〇〇を許さない」とか「××は許されることではない」とか、何だかやたら目にしたり耳にしたりするようになってきたように感じます。

 さて、こういった発言での『許す』側の存在って何、あるいは誰なんでしょうか?

 社会的に? 法律的に? 倫理上において? 人間関係において?

 いやいやいや、あえて主語を抜いてボカしてもバレバレですやん。皆さん揃って『俺が許さん!』って言いたいだけですよね。

 凄いですよねぇ。もしかして、あなたは桃太郎侍ですか? 醜い浮世の鬼を退治てくれちゃうんでしょうか。

 それともフリーザ様? 53万もの戦闘力を持っているのなら、もう少し鷹揚にはなれないものでしょうか。ねぇドドリアさん? 

 まさかの倉田てつを氏? 怒りを燃やすのはゴルゴム相手にだけしてくれませんかねぇ。 

 どうにもこうにも、そんなに世の民草はあなたの許認可を欲しているのですか?

 どちらかといえば『許されない』側として糾弾されることの方が多かった私には少々耳障りな物言いです。

 それに、世の中ってのは自分が思っているほど自分の方を向いてはいないもの。どんなに世の中の不条理や巨悪に怒りを滾らせようとクソの役には立ちゃしません。あなたの『許し』なんざ屁のツッパリ以下です。

 それでも何とかしたいと思うのなら行動を起こすしかないわなぁ。まぁ、それが如何に大変か皆さんご存知だから、言うだけ番長で鬱憤ばらしをしているってところでしょうかねぇ。実にくだらん。

 じゃあお前はどうなんだって? 某マンガのセリフを借りてお答えしましょう。
世の中はな『なる』も『ならねえ』もねえんだ。『なった』だけなんだ。だからジタバタすんな、たかが生き物だろうが。あとはスキかキライか考えろ。おめえはオレがキライなんだな?オレもおめえがだいっきらいだ。

 我ながら「許す、許さん」で正義漢ゴッコしてる連中より分かりやすくて清々し……というより社会性協調性の欠如があからさまで更にタチが悪いかもw

0 件のコメント: