2016年6月24日金曜日

『梅雨病み』対処法


 3度目の眼鏡作り変えにより、なんとか眼の違和感は収まってきたのでブログを更新する気色になりました。

 さて、この時期は全身の倦怠感や疲れ、偏頭痛、身体のむくみなどを訴えてこられる患者さんが増えます。

 いわゆる『梅雨病み』と呼ばれる症状。この時期ならではの天候不順による低気圧、湿気、気温の乱高下などによって、主に循環器系のバランスが崩れて起きる症状です。

 私のオススメ対処法は『入浴すること』です。湯船にしっかり浸かって身体を温めて発汗を促し、水圧によって滞った体液の循環を回復させるのです。

 最近では生活習慣の変化からシャワーだけで済ませたり、「疲れるから」と入浴を嫌がる方も多いようですが、もったいないですよ。

 昔から日本人は入浴の効能を知っていたから、水を汲み、薪を焚べるといった労を惜しまずに湯を沸かしたり、わざわざ遠方まで出向いて温泉に浸かったりしたのです。

 それが今じゃ給湯器という文明の利器によってボタンひとつでお湯が張れるんだから、是非是非この時期こそお風呂にドンブラコ、してくださいね。

0 件のコメント: