2016年4月19日火曜日

眉間の皺と新しい玩具

 眼精疲労から来る頭痛にどうにも耐えられなくなったので押っ取り刀で眼鏡屋へ。

 案の定、近視と乱視の悪化、老眼の進行。新しいレンズは一週間待ち。この土曜日までは院長が眉間に皺を寄せて険しい顔をしていても気にしないでくださいね。怒ってるんじゃなくて、眼が辛いんです。


 と、そんな状態でも遊び事。新しい玩具はギター用のマルチエフェクタ。こんな小さい板っきれに100種類ものエフェクタ(音を変える装置)やアンプシミュレーター(電子的にアンプの音を再現する回路)、おまけにリズムマシンやルーパーなどが入って実売でわずか7000円弱なんだから、世の中進歩したもんだ。

 先月までハーモニカ教室でお世話になっていたグッディすみや富士店さんにお願いして、試奏までさせてもらって購入。本当は別売りのACアダプタをおまけに付けてもらっちゃった。店長さん、いつもありがとうございます。

「ソリッドステートで作った音は冷たい」と眉をひそめる御仁も多いようだけど、ハーモニカ専用の真空管アンプなんか買えないし、持ち運ぶのも面倒だし。とはいえアンプリファイアドはアンプの種類に大きく左右されるし、モノによってはハウリングばかりで使えない場合も。

 こいつに入ってるフェンダーのベースマンやVOXのコンボなんかのハーモニカに適したアンシミュで音を作って、出先のアンプのリターン端子に入れればどんなアンプだろうが安心安全? そう問屋が易々と卸してくれるか? とりあえず、ある程度の音を作ったらスタジオに入って大きなアンプで鳴らしてみなくちゃ。

 なんでそんなこと始めたかって? 今年のハーピストとしての院長の目標は『Go Out And Play!』。各地で行なわれているセッションに突撃するための準備なのです。

 しかし、マルチエフェクタの表示窓がこれまた小さくて、パラメーターを確認するのが辛い。こちらも眼鏡が来てからかなぁ。

0 件のコメント: