2016年4月16日土曜日

日々の務めを果たすのみ

 本日、ボチボチの商いにて業務終了。

 院長は九州宮崎の出身なので、この度の熊本地震に心穏やかではいられないのですが、今すぐ何らかのアクションを起こせるわけもなく。

 これまでの数々の災いに際し、そうしてきたように、コンビニのレジ脇の募金箱にわずかばかりの釣り銭を寄付したり、スーパーで見かける『熊本県産』や『大分県産』の物産品を率先して選ぶことくらいしかできません。それが、今の私の精一杯。

 明日にも自費で現地に飛んで、被災者に無償で施術するなんて、個人的にも経済的にも、とてもじゃないけど無理です。できません。

 嗚呼、やはり私は無力だ……と思っていたのですが、たまたま今日お見えになったお茶屋の若旦那との施術中の雑談が地震の話に及んだところ。

「僕ね、毎年東北の被災地の小学校に新茶を届けて飲んでもらうボランティアをやってるんですよ。でね、現地に行って感じるのは、世間ではもう復興したと思われてるけど、実際にはそうじゃなくて、まだまだ大変なんですよ」と。

 開院直後から通って頂いている若旦那がそんなボランティア活動を行っているなんて今日の今日まで知らなかったので驚くと同時に、私が若旦那の身体を調整することで、彼のボランティア活動を支えることができていたのかな、とも。

 私は、自分に出来る日々の務めを、黙々と淡々と、果たすのみ。きっと、それが熊本県に繋がると信じながら。

 な〜んが、なんぼチンガラっチなってん、どんげもあろかよ。九州んモンな、そんげヤワじゃねっちゃが。けンどよ、皆がちっとでんカセーしてくれたら、うれしわ

 気張れ、もっこす! 火の国ファイヤー!!

0 件のコメント: