2016年3月11日金曜日

商い雑感


 先日、嫁さんと二人してスーパーへ買い物に。その前にクルマへガソリンを入れておこうとスタンドへ。

「タイヤの空気が抜けているようなんで、入れておきますね。高速は使いますか?」

 気の利く店員さんだと感心していると「左前だけ異常に空気が減っているんでパンクしているかも? 5分くらいで確認できますよ」との事。

 それじゃあお願いしようかとクルマを降りて待っていると、タイヤを外して持ってきて「ここみてください。釘を拾ってます。こっちも怪しいですねぇ」と。

 んで、パンク修理してくれるのかと思いきや、そこからは怒涛のセールストーク。

 曰く、パンクの位置が悪いので修理は難しい。替えたほうがいい。新車付きのタイヤは質が悪いので、どうせなら4本とも交換を。今ならセールで4万円ポッキリ!

 嫁さんは半ばその気になって財布の中を覗き込んでいる。

 私は店員さんの話をやんわりと遮ると「パンクを見つけてくれてありがとう。申し訳ないけど、商売上のお付き合いもあるんでタイヤは懇意にしてるモータースで替えます。スペアを付けてください」

 「工賃はいただきますよ」と憮然とする店員さんに何度も笑顔でお礼を言ってスタンドを後に。

 一家揃って当院に施術に来てくれている馴染みのモータースにクルマを持っていくと、チャチャッとパンク修理をしてくれて2000円也。

 モータースのオヤジさんに件の事情を話すと「あそこのスタンドだら? あそこはサァ、そうやってお知らせしてくれるのはいいんだけど、そのあとで押し売りまがいをやるの有名だからなぁ。きっと備品販売のノルマがあるんだろうね」

「ま、あそこからうちへ直行してくれる人が結構いて、おかげで繁盛してるけどさ」と、オヤジさんニッコリ。

 スタンドの店員さんが商おうとした4万円と、モータースのオヤジさんの商った2000円。さても商売はさまざまだねぇ。

0 件のコメント: