2016年1月9日土曜日

どうして葛根湯液を冷蔵庫に入れるんだぜ?


「何遍言っても分からんかなぁ。葛根湯液は常温でしょうがぁ!」と私。

「じゃあ、ユンケルは? あれはあなたが自分で冷蔵庫に入れたでしょ?」と嫁さん。

「ユ、ユンケルはいいんだよっ! あれは冷たくないとバブルの味がしないんだよ。ほら、あれだ。徹夜の出張校正を終えて市ヶ谷の大日本印刷からフラフラと出てさ、まだシャッターを開けたばかりの小さな薬局に入ってユンケルを買うとさ、白い上っ張りを着たおばちゃんも場所柄手馴れたもんで、四角いガラス張りの保冷ケースから金色の箱を取り出して『ここで飲んでいきますか?』ってキュキュッとキャップを開けてくれて、付属の細いストローをポンと差し込んでくれて……って、あのストローいつの間にかなくなってんのな。経費節減ってか? 世知辛い世の中だねぇ」

「その話、ユンケル飲むたびにしてるわよねぇ。もう聞き飽きた。それで徹夜明けのフラフラでパチンコ屋の開店に直行してたんでしょ? 私、知ってるんだからね。バッカじゃないの?」

「………。」

 最近では滅多に風邪をひかなくなりましたが、ちょっとでも寒気がしたり、鼻がグズグズしたら葛根湯液とユンケルの合わせ技で対抗するのが私のスタイル。

 しかし、風邪予防に最も大切なのは日々の手洗い、うがいです。今は『小寒』から『立春』にかけての一年で一番寒いと言われる『寒の内』です。どうぞ暖かくして、お身体に気をつけて、今日も一日お元気で♪

0 件のコメント: