2015年12月14日月曜日

腹巻のススメ 〜その1


 日々冷えが厳しくなっていくこの時期、私のオススメは何と言っても腹巻です。

 身体を冷やすことは百害あって一利なし。中でも生命維持のための重要な器官が集中している腹部の保温は皆さんが思っている以上に大事です。

 お腹が冷えると、胃腸の具合が悪くなったり、肝腎の働きが鈍ります。消化吸収、分解解毒が滞ってしまうと、命に関わりますから、身体は腹部を温めるため血液の流れを体幹部に集中させます。

 結果、末端部への血流が減少し、いわゆる手足の冷え性となる場合も多々あるのです。つまり、靴下を重ね履きしたりするよりも、腹巻を巻いてお腹を温めた方が冷え性改善には効果的なのです。

 もちろん、お通じスッキリしない方は言わずもがな。就寝時に着けて寝冷えも防止すれば、更に効果アップです。

 ひと昔前まで腹巻と言えば寅さんがしている純毛のラクダ色(今やどちらも死語だねぇ)が定番でしたが、今は素地もカラーも色々と出ています。女性用のアウターに響かない薄い素材のものや、カラフルでポップな『見せる』腹巻なんてのも。この冬、ちょっと腹巻を試してみませんか?

 そしてもうひとつ。腹巻には腰痛予防の効果も高いのですが、それはまた明日に。

0 件のコメント: