2015年12月11日金曜日

オリジナル手拭い


 染め上がりやした。今年は渋〜い鼠色。どうでがす? 去年の藍色も良かったけど、この江戸情緒あふれる通好みの色もなかなか粋でござんしょ? って、テメェで褒めてりゃ世話ないや(笑)

 ちょいと早うございますが、年末年始のご挨拶代わりに来院された方に進呈しておりやす。「おっ、いいな、素敵だね♪」と思った方は善は急げってんで、今すぐ施術予約のお電話を。いえいえ、物で釣ろうなんて了見はねぇんですが、なにしろ数に限りがありますもんでねぇ、ヘッヘッヘッ。

 と、インチキ江戸前落語調でのご案内。私、あしたか院長自らがデザインしたオリジナル、ワン・アンド・オンリーの手拭いです。

 整体院らしく骨がモチーフ。髑髏はひとつひとつ表情が違うし、長骨のラインは古典柄のヨロケ縞風。『あしたか』の文字は天地正逆を互い違い。表裏上下のない手拭いならではの図柄の工夫です。

 『萬療治承り〼』の木札は、その昔、骨接ぎ稼業が軒先に吊るしていた看板代わり。「よろず りょうじ うけたまわり ます」と読みます。

 染めはもちろん職人が手がけた本注染(ちゅうせん)。裏ッ返ぇしたら色が白っちゃけてる安物の百均プリント手拭いとはモノが違うぜ。どうでぃ! めぇったか、コンチクショウめ!!


 手拭い誂えはきもの白かべさんにお世話になりました。

0 件のコメント: