2015年12月2日水曜日

「万歳」と「お手上げ」

 当院の施術で、私が背後から患者さんの両手首を持って腕を大きく前後させる操法があり、その際に私はこのように声を掛けます。

「さぁ『万歳』をしましょう」

 あなたが患者さんだとしたら、どうやって手を挙げますか?

 実はこの時、年齢によって『万歳』のやり方が違うのです。80歳代からそれ以上の方は掌を内に、小指側の手刀が正面に来るように腕を挙げます。対して、それ以下の世代ではほとんどが手のひらを前に向けるように挙げます。

 実はこれ、受けた教育によるものなのです。掌を縦に挙げる万歳をする方は戦前の教育を受けた世代。『気を付け』の姿勢から、腕を捻らず真っ直ぐに最短距離で。手のひらを前(相手)に向けるのは「武器を持っていません」という『お手上げ、降参』の意思表示だと教えられたといいます。

 これがなぜか戦後では逆転して『お手上げ』ポーズが主流となっています。不思議ですねぇ。

 ……ってな小話を施術しながらしてたら、ある時とんでもないことを言い出したお嬢さんがいました。

「でも、『万歳』は「マンセー」の韓国の風習が日本に入ってきたんでしょ?」

 さすがに絶句。南北問わず彼らが今やってるのは日本統治時代(念のため書いておきますが、当時の朝鮮半島は所謂植民地ではなく、日本国の一部であり、そこに住む朝鮮人にも同じ皇国民として内地の日本人と同じ権利が与えられていました)の名残であり、それ以前の朝鮮半島に『万歳』をする風習などありませんでした。彼らの知っていた礼法は三跪九叩頭の礼という……まぁ、それは別の話だし、いいや。

 このお嬢さんがどこかでそんな嘘っぱちを吹き込まれてきたのか、それとも切れ切れの知識(TBSのニュースで報じる必要もないのに「首領さまマンセー」って映像流してますねぇ)からそんな早とちりをしたのか分かりませんが、オリジナルは日本です。最後に我が国の首相による正しい万歳をご覧いただきながら、今夜はこれにて。おやすみなさい。


背後に「お手上げ」をやってる人がいますねぇ。
拳骨を突き上げてる方も。ブラックパワーですか?
自民党内でさえコレですものねぇ。トホホ

追記:そういや、私が子供の頃には学校の諸行事で必ず「万歳三唱」が式次第に含まれていたけど、正しい万歳のやり方も、誰に対しての万歳なのかも習った記憶がないなぁ。

0 件のコメント: