2015年11月26日木曜日

謎の治療機器?

 患者さんにうつ伏せになってもらい、腰に気功術を施した時の事です。

「はい、もう起きていいですよ」と、この日が初めてだった患者さんは起き上がって不思議そうな顔。「凄く温かいんですね」

 ここまでは当院で良くある話。その患者さんは施術室の隅を指差して「アレを使ってるのかと思ったら、手を当ててただけなんですね」



 患者さんの言う『アレ』とは、ツマミのたくさん付いた小さな赤い箱と、そこから伸びたコードにつながった砲弾型の物体。確かに治療機器に見えなくもないですね。

 紛らわしいモノを置いてて申し訳ありません。『アレ』は、私の趣味であるハーモニカを吹く時に使うアンプ(スピーカー)とマイク。施術とは全く関係のない私のオモチャなんです。



 当院での施術は完全手技。事故やトラブルの元となるような危険で怪しげな道具を使うようなことはありませんのでご安心を。一応念のため。

0 件のコメント: