2015年10月13日火曜日

本当はコワい背筋運動⁉︎ 〜その1

↑脊柱起立筋の図
「腰痛予防のために毎日背筋を鍛えてます」とおっしゃる方、当院の患者さんにもいらっしゃいます。

 でも、ちょっと待ってください。その背筋運動、腰痛予防どころか更なる腰痛を引き起こしている可能性があるんですよ。

 まずは背筋について。正式には脊柱起立筋。首の付け根から骨盤に渡る非常に長い筋肉です。その名の通り、背骨(脊柱)を起こして立たせるための筋肉です。

 例えるなら、真っ直ぐ立たせた柱を支える張り綱。これが弛んでいては柱は倒れてしまいますから、常にテンションが掛かった状態にあります。つまり、背筋は人間が二本の足で巧妙にバランスをとって行動する間は常に働いているのです。

 しかし、当の本人は背筋を使っている意識はゼロ。人間のバランス制御はほぼ自動運転と言っても差し支えないので当たり前。歩くのに「あ、左に傾きそうだからちょっと重心を戻して、右足を出すのは今!」とか考えてないでしょ? よそ事を考えながらボンヤリとでも散歩できるのは、あなたの身体が自分が思っているよりも優秀だからなのですよ。

 つまり、通常では「背筋が弱くて腰痛が起こる」ことは考えづらいのです。もし、背筋起因の腰痛が起こるとしたら、多くの場合は間違った使い方をして、過度の負担を背筋に与えているからなのです。これについては先日も少し書きましたね。



 背筋運動を毎日行うことも過度の負担となりえます。背筋運動といえば皆さん思いつくのは上の画像のような「伏臥上体反らし」ですが、これは背筋だけではなく、腰椎の関節にも負担をかけるので私は絶対にオススメしません。

 では、どのような運動をどの程度の頻度で行えばいいのか? それについてはまた明日。

0 件のコメント: