2015年10月26日月曜日

30日プランクチャレンジ

 アメリカでお腹をペタンコに凹ませる『30日プランクチャレンジ』というワークアウトが流行っているそうです。

 お腹に効くとは言っても腹筋運動ではなく、体幹トレーニングの一種。やり方は簡単。下図の姿勢を取って、一定時間静止するだけ。プランクとは「板」という意味。つまり自分の体を板のように真っ直ぐにするのがキモってこと。これを日数に応じて時間を延ばしていくプログラム。




 いつも思うのですが、アメリカ人はこういう『仕組み』を作るのが上手ですね。この運動とほぼ同じ、腕立て伏せの準備姿勢をするだけで“効く”のは古くから知られていること。映画『愛と青春の旅立ち』でリチャード・ギアも鬼軍曹に罵倒されながらやらされていましたよね(古っ!)。

 しかし、この運動には「単調でつまらない」という難点があります。そしてもうひとつ、腕立て伏せをやり慣れていない人だと、肩が先に悲鳴をあげて体幹に効かせるまで姿勢を維持できないことも。

 それを「30日という期間を区切り、時間を徐々に延ばしていくことで達成感を感じさせる」というシステムと、「肩に負担が掛かりにくい肘を着く姿勢」で難点を解消し、古くさい運動法を新たなブームにしてしまったのですから流石です。

 何日かおきに休息日を挟んでいるのも、肉体的な休息というよりも、やる気を継続させるための“ご褒美”的な意味合いかと。

 というわけで、私も挑戦しています。今日で11日目。実はこれでも『お腹ぽっこり』を気にしてるもんでw

 私の場合は皮下脂肪はかなり少なく、内臓脂肪も標準以下なので、体幹部筋群の緩みが原因でぽっこりしているのではないかと推測。ならばこのチャレンジが効くだろう、と。




 現在、腹囲88センチ。順調に継続中の早朝ジョギングと合わせて、果たしてあと20日でどれだけこの数値が変化するやら。終了後には報告させていただきます。乞うご期待!

0 件のコメント: