2015年9月24日木曜日

お針子さん院長

 キャンプツーリングでお気に入りのジャケットに染みを付けてしまって、それを隠すのにワッペンを一枚貼ったのがそもそもの始まり。

「一枚だけじゃ何だか寂しいなぁ」と、気がつけば満艦飾。ワッペンだらけのジャケットはバイク乗りの定番ファッションのひとつで一度やってみたかったってのもあるし。



 取り付けにはお手軽な布用ボンドを使ったのですが、一度洗濯したら剥がれてしまい、仕方ないので仕事の合間に針と糸。これが思った以上に大変。厚手のワッペンは針が通ってくれないし、すくい縫いで裏地まで引っ掛けてしまうし、指先には針をザクザク刺してしまうし。

 何度もやり直し「ムキーーー!」とヒステリーを起こし、ジャケットをぶん投げ、悪態をつきながらそれでも針を進めてなんとか完成。


 感想としてはもう二度とワッペン縫い付けなどやるつもりはありません。そもそも私は針仕事には向いていないようです。枚数を重ねるほど仕事が雑になって、どのワッペンから始めて、どれを最後に付けたか、針目を見れば一目瞭然。

 これでも一応実家の家業は被服関係なんですけどねぇ。やれ情けなやw

0 件のコメント: