2015年9月20日日曜日

楽太郎の病院


 持病の口内炎がまた悪くなって、ごはんを食べると痛がるので愛猫楽太郎を動物病院へ。痛み止めの注射を打って、お薬を出してもらう。



 帰宅後、楽太郎は裏庭の茂みの中でうずくまる。狭いキャリーに押し込まれるわ、待合室では犬がワンワン吠えまくるわ、毎度のことながら動物病院よほどストレスだったのだろう。

 何かの本で読んだが、動物は身体の調子が悪くなると土に触れたがるのだとか。「直接地球と触れ合うことで気をもらっている」なんて解釈する人も。

 そういや人間でも歳を取ってから庭いじりや畑仕事に目覚める人も多いよなぁ。私も半ばジャングル化した裏庭に手を入れてみるかな?

0 件のコメント: