2013年12月31日火曜日

ご挨拶

 本年も、あしたか気功整体院を御贔屓にしてくださり、誠にありがとうございました。おかげさまを持ちまして、無事に年を越すことができそうです。

 今年は天候不良からくる体調の崩れもあってか、秋口からこちら、お久しぶりの患者さんを数多く施術させていただきました。

「良くなったら寄り付きもしないで、自分の都合の良い時だけ駆け込んでくるなんて、悪い患者だよねぇ。申し訳ないねぇ」と、あるご婦人がおっしゃいました。

 いえいえ、とんでもないことです。

 常々考えているのですが、私の商売は何とも因果なものです。他所様の痛み苦しみを飯の種にしているのですから。痛い時、苦しい時に私の顔を思い出してくださったのなら、それは私にとって何より嬉しい事なのです。

 とはいえ私自身がまだまだ修行中の身。至らぬ事も多く、力不足から失望させてしまうことも度々かと。それでも力の限り、全力を尽くし渾身をもって施術させていただきます。

 皆様の御多幸を祈る時、私のような者との縁は細く浅い方が良いとは思いますが、もし、お身体が辛い時、痛い時、その時だけでよいので私のことを思い出してくださればこれほどうれしいことはありません。どうぞ皆様、良いお年をお迎えください。

あしたか気功整体院 院長 加島光太郎拝

追記:年の瀬を迎え、少しおセンチになったのか、趣味のハーモニカでショパンの『別れの曲』を吹いてみました。拙い芸をどうぞお笑いくださり、善き大晦日の一興となれば幸いです。



0 件のコメント: