2013年11月27日水曜日

『炭水化物が人類を滅ぼす』を読んで糖質制限ダイエット実行中!

 患者さんからの良くある質問。
「先生、痩せる整体ってないですか?」

 これに対する私の返答は決まってこうだった。
「もし、そんなものがあれば、今頃私は億万長者ですよ」

 事ほど左様にダイエットとは難しい……と、考えていた時期が私にもありました。一冊の本と出会うまでは。

 その本とは夏井睦氏の『炭水化物が人類を滅ぼす 〜糖質制限からみた生命の科学』。

 形成外科医である夏井氏は『傷はぜったい消毒するな』という一冊で創傷治療に大変革を起こした人物。すなわち、それまでの常識である受傷後の消毒、ガーゼによる乾燥を否定して「ラップを巻く」ことで傷の治りを早めた上に傷跡も残さないという驚異的な治療法『湿潤療法』を提唱し、医学界にパラダイムシフトを起こしたのだ。キズパ○ー○ットなどフィルムタイプの新しいタイプの絆創膏が世に出たのは氏の功績といってもいいだろう。興味のある方は、氏のホームページ新しい創傷治療を見ていただきたい。

 この『傷はぜったい消毒するな』が非常に面白い本だったので、、なんとなく『炭水化物が人類を滅ぼす』も手に取ってみたのだが、この時はダイエットしようなどという気は微塵もなかった。糖質制限についても漠然とした知識こそあったものの、凡百あるインチキまがいのダイエット法と似たり寄ったりのものではないかと疑っていた。

 しかし、だ。あえて内容は割愛するが、本書は予想以上に面白く、私の知的好奇心を非常に満足させてくれた。そして「自分でも糖質制限を行ってみよう」と。

 私自身は糖尿病ではないし、体重こそ78.8kg(ちなみに身長170cmなので標準体重は63.6kg)と標準を大きく越えてはいるが、見た目よりも骨太の筋肉質なので、こんなものだろうと考えていた。少々太すぎる腹回りも年齢なりではないか、と。それでもダイエットに挑戦してみようと思ったのは、本書の内容が非常に刺激的で、ぜひ自分の身を持ってこれを体験してみたかったからだ。

 やり方は実に簡単。

1、ご飯、麺類、パンなどの主食の摂取を一切止める。
  メニューによってはご飯を豆腐に置き換え。

2、おかず類はそのまま。
  厳密に糖質制限するには調味料としての砂糖やイモなどの根菜類も避けるべきらしいのだが、私は気にせず。

3、お菓子スナック類厳禁
  これは言わずもがな。しかし適量の果物類と“たまのご褒美”はOKとした。

4、お酒はビールと日本酒がNG
  スタート時には禁酒していたし、私は元から基本麦焼酎しか呑まないので問題なし。

 やったのは、本当にこれだけ。嫁さんも「私もやってみたい」と言うので、二人で試しに一週間だけ……と思ったのだが、四、五日して体重を計ってみると、その時点で76kg台まで落ちていたのだ。

 いきなり2kg減!? これまでジョギングをしても、スイミングをしても75kgを切るのに何ヶ月もかかったのが噓のような急激な減少。その後の体重の推移は下のグラフの通り。


 飢餓感も苦痛もなく、信じられないくらいスルスルと体重が落ちるとともに、体調の変化が表れた。

 まずは排便の変化。それまでほぼ毎日催していたのが、糖質制限開始直後には数日間の便秘になる。それでも体重は減って行く不思議。一週間ほどでしっかりとした量が出るようになり、現在ではだいたい二日おきのペースとなっている。

 そして内臓脂肪の減少。これは趣味のハーモニカを演奏していて気がついた。体重が75kgを切るようになってから、自分の吹く音がやたら心地よく感じられるようになったのだ。急に上達したわけではない。なんというか腹に響くのだ。息も長く続くようになりロングトーンも清々と、ベンドやバンプといったテクニックも無理なく出来るようになる。さらには、演奏時に自分の横隔膜の動きを感じられるようにまで。きっと腹腔内の内臓脂肪がデッドニング材として音の響きを抑え、横隔膜にぶら下がった重りとして動きを制限していたのだろう。

 一週間ほど前から飲酒も再開。それでも体重の減少は止まらず。ある日などは呑みすぎてしまい、明らかに体内にアルコールが残った状態で目覚めたのだが、それまでの二日酔いにあったような頭痛や胃もたれ、嘔吐感など一切皆無。当たり前に午前中仕事をこなし、午後には残っていたアルコール感も消失。これは『炭水化物が人類を滅ぼす』にある筆者の体験談そのままだ。

 なお、嫁さんは仕事の都合で週に二日は午後10時を過ぎての遅い夕食となるし、糖質ゼロをうたった第三のビールを毎晩2〜3本呑んでいるのだが、それでも体重は減少。ウエストサイズが大きく変わってパンツ類をすべて買い替えるまでに。

 私の場合は本書を読んで主食に対する意識の変化が起きていたので止めるのに迷いはなかったが、嫁さんは糖質制限に関して全くの予備知識ゼロ。続くかどうか不安だったがい「別に辛くないよ」と平気な顔。元からご飯や麺類が嫌いだったわけではないし、とりわけパンは大好物だったのだが、今は食べたいとも言わない。「ダイエットってこんなに簡単だったんだね」とケロっとしている。いやはや我が女房ながら大したもんだ。


 今日に至っては遂に71.9kgをマーク。まさかの60kg台が目の前である。「試しに一ヶ月」と思って始めた糖質制限であるが、もう少し続けてみるつもり。納得のいくところまでやってみて、場合によっては仕事としてではなく、経験者として患者さんの相談も受けることができるかなぁ、と。

 ぜひ続報にご期待ください。

0 件のコメント: