2012年1月24日火曜日

『凛として愛』

患者さんから「先生はウヨクですか?」と質問されることが稀にあります。

祝祭日には必ず玄関先に日の丸を掲げるし、本棚には大東亜戦争で命を落とした方々の遺書をまとめた『国民の遺書』、『東條英機の中の仏教と神道』、『朝日新聞が伝えた「日韓併合」の真実』、『南京の実相〜国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった』、『国防』、『ぼくらの祖国』な〜んてタイトルの本が並んでるし、白い武術衣を着て施術してるし。口には出さずとも、そう思われてる方も多いでしょう。ちなみに、施術ベッドの頭上に祀った神棚には靖國神社のお札も納められてて、毎朝二礼二拍手一礼してるんですよ。

では、私はウヨクか?

確かに思想信条的にはそういった質問する人よりほんの少し右側に位置してると思います。

でもね、できれば愛国者と呼んでほしいなぁ。

私は日本が好きです。この国の風土が好きです。この国の人々が好きです。皇紀2672年(なんと神話の御代である神武天皇までさかのぼれるんですよ!)というこの国の伝統に畏怖さえ感じます。この国の酒も食い物も文化も世界最高だと胸を張れます。

この国が今あるのは、文字通り命を掛けて守った先人がいたからこそ。ところが戦後の日本人は偽りの歴史を刷り込まれることにより、感じる必要のない罪悪感を持たされて、先人を敬うこと、祖国を誇ることを忘れてしまいました。私もそのひとりでした。

しかし、わが故郷宮崎県の口蹄疫禍に「あれ? なんだかおかしいぞ」と感じることに始まり、尖閣沖漁船衝突事件、竹島領土問題、中共によるチベットでの民族虐殺、東日本大震災、福島原発事故、そして民主党政権の迷走。四十代になって、やっと気付いたのです。

「やべぇ、だまされてた。俺ってどうしようもないバカだった!」と。

まぁ、これ以上私が個人的な心情を吐露しても煩わしいだけでしょうから、もし「このセンセ、突然何を言い出したのかしら?」と少しでも心に引っかかった方、興味を持たれた方は下の動画をぜひご覧ください。

戦争反対を叫ぶのもいいでしょう。私も戦争には反対です。しかし、何時の時代も世界はキレイゴトだけでは済まされません。明治開国から大東亜戦争に至るまで、なぜ日本は戦わなければならなかったのか、なんのために戦ったのか、あなたは知っていますか? この動画でそれを知ることができます。そして考えてみてください。今もなお、私たちはキレイゴトの通用しない世界にいることを。

私はこの美しい国が、他の誰でもない日本人によって統べられ、その勤勉な民族性によって栄え、素晴らしい伝統や文化を未来永劫に受け継いでいってほしいと思っています。願いはただそれだけ。しかし、私のこの言葉に『軍靴の響き』を感じてしまう人もいるから困ったもんです。それ、空耳ですよ。早めに耳鼻科を受診してらっしゃいってぇの、ったく!

あ、念のために申し上げておきますが、当院では患者さんの国籍や思想信条でもって施術をどーこーしたり、断ったりってのは一切ありません。うちの施術ベッドの上に乗ったからにゃ俎板の上の鯉と同じ。きっちりカタにハメて(って言葉が穏やかじゃねぇなw)、どなたさんも平等に楽になっていただきやす、ごめんなすって! ロシア、ウクライナ、インドネシア、アメリカ、中国、韓国、フィリピンなどなど、こんな片田舎にあって、当院の患者さんは結構国際的なんですからw




2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ツイッターでフォローしていただいたので、そこから来ました。
同じ1968年生まれと言うので覗かせてもらいました。でも自分は今月5日で44のゾロメに入りますので同学年ではないかも知れませんが同じ時代を生きてきたと思いますの親近感から。
古柔術をされてるのですね。自分は剣道(初段)とボクシング(アマ高校ランクでは1位)でした。柔術は当身もある柔道と言った認識でした。周りは空手など習う人間が多かったんですが、どうにも空手に興味が沸かなくて。たまにちょくちょくブログを覗かせてもらいます。

0verhandでした。今後ともよろしくお願いします。

あしたか院長 さんのコメント...

書き込みありがとうございました。

私が末席に名を連ねさせていただいている関口流柔術は、四百年以上の歴史を誇る天下の名流です。当身や逆技の技術だけでなく、剣や杖や棒などの武器術、そして私が本業にしている整体術など多岐にわたり、今の柔道とはかなり趣の違うものです。

同世代のよしみで、こちらこそ今後ともよろしくお願いします。