2011年7月30日土曜日

紫蘇ジュース

マックスフリッツガレージ沼津のマチコさんに御馳走になって、
すっかり気に入ってしまい、自分でも作ってみました。
当院の裏庭には大葉(青紫蘇)がこれでもかってくらい
自生してるんで、もっけの幸い、渡りに舟って感じ♪

1.約400gの大葉(青紫蘇)を用意します。
虫食いがあっても、育ち過ぎて葉が固くなっててもOK。


2.沸騰した2リットルのお湯に葉っぱをドボン。
水から煮るとアクが出てしまうのでお湯から!
凄い匂いがするんで換気扇は忘れず回しましょう。
10分ほど中火で煮出して引き上げます。
(引き上げた葉はサラシで包んで絞ってね)

1kgの砂糖を投入。弱火にして煮溶かします。
冷やすと甘みは感じにくくなるので砂糖多め。
甘すぎるようなら薄目に割って飲めばいいだけ。

砂糖が溶け切ったら火を止めてクエン酸を25g投入。
ここで液体が淡いピンク色に染まります。
なにやら科学的な反応が起こるためらしいですが、
ワタシにゃよく分かりません。

あ、お鍋は酸に強いホーローかテフロン加工のものを使ったほうがいいかも。


3.最後にもう一度漉して葉っぱの切れ端やゴミを取り除いて完成。
画像はステンレスのボウルで粗熱をさましてる様子。
綺麗な色でしょ? 実は一枝分だけ赤紫蘇を混ぜてみたんです。
大葉(青紫蘇)だけだと淡いロゼワインのような色になります。


4.出来上がり♪
4倍から5倍に薄めてお召し上がりください。
爽やかな酸っぱさと紫蘇の香りがなんとも涼味。
疲れに効くクエン酸入りでサッパリ&スッキリ♪
炭酸水で割るのが院長のお気に入りです。


補足情報:炭酸水は“バーの常識”ウィ○キン○ンや
ハイボールブームの火付け役となったサン○リー製より、
カイ○ズホ○ムのPB製品が炭酸強くて良い感じです。

0 件のコメント: