2011年5月25日水曜日

てつをか? 鉄か?

ジョギング中にまた転びました。これで二度目です。国1バイパスの側道、荒れまくった路面に足元を取られてヘッドスライディング。膝、肘、そして掌に擦過傷、砂利が食い込み、痛いのなんの(泣

痛みを堪えてピョンピョンと飛び跳ねながら罵詈讒謗の悪態をつきまくり。

「クソっ! なんで農道の方が路面がいいんだよ。国交省め、管理がなってねーよ。レンホーか? 仕分けのせいなのか? いや……これはゴルゴムの仕業!?」

そういえば、あのエセ貴族風ビラビラ立て襟の白装束は、どう見ても秘密結社の女幹部にしか見えない。そうか! そうだったのか!!

驚愕の事実に気付いた私は、すぐにスポーツショップへ走りました。


やはり悪と戦うにはフィンガーレスグローブが必需品……ではありませんw

転倒すると、どうしても掌にダメージを受けます。商売柄これはマズい。事実、今回もかなり深い傷を負ってしまいました。仕事にこそ支障はきたさなかったものの、これではプロとして失格。

万が一の場合に手を保護するためのトレッキンググローブです。甲側メッシュで通気性がよく、掌側は合革でしっかりガード。洗濯もオッケー。フィンガーレスにしたのは脱ぎ履きせずにiPhoneの操作ができるように。

べ、別に変身がしたかったワケじゃないんだからね! ……とか言いつつ、毎朝、このグローブを履くのが嬉し恥ずかしだったりするのです。いくつになってもオトコってバカだねぇ。

ちなみに怪我した直後は傷の深かった右手にだけですが、施術時にも履いていました。

「なんだか“念仏の鉄”みたいでしょ?」

若い患者さんはポカーン。そっかぁ、知らないかぁw 『必殺仕置人』に登場する山崎努演じる仕置人。表の顔は骨接ぎ師で、裏の顔はその怪力で骨を外して悪人を始末する。裏稼業時に革手袋を右手にはめるんだけど、あれはボウリングのプロテクターだったという話。

0 件のコメント: