2011年1月10日月曜日

靖國逍遥

靖國神社に参拝して参りました。

大鳥居をくぐると日本陸軍の祖である大村益次郎銅像がお迎え。


 手水舎で手を清め、第二鳥居をくぐります。

拝殿にて英霊に感謝するとともに日本の平和を祈念。

この黒板の前で足を止める方、多いですね。
真っ赤な目で涙を堪えている年配の方も。

お詣りをすませたらおみくじ。小吉でした。
ありがたいお言葉は吉田松陰。

左から特攻勇士を讃える像、パール博士顕彰碑、母の像。


遊就館一階にて。伝説の翼は21世紀の空を見上げ何を思うか。


残念ながら、遊就館二階の展示室は時間が足りずに今回はパス。近いうちに時間を作ってゆっくり拝観したいなぁ。みたま祭りの時期がいいかな。施術室の神棚向左に納める大麻を授与していただき、九段下を後に。駆け足の参詣でした。

お恥ずかしい話ですが、東京在住時には勤め先が九段下だったこともあったのに、きちんと参詣したのはこれが初めて。境内に入ると静かなパワーを感じるし、お詣りした後には非常に清々しい気分になりました。近年流行りのパワースポットという言葉は好きじゃありませんが、ここは絶対に『何か』あります。

靖國神社は「嗚呼、日本人で良かったな」とシンプルに感じられる場所です。

そして現在、私たちが胸を張って自分は日本人だと言えるのは先人たちの尊い努力と犠牲のおかげだということを感じさせてくれる場所です。

機会があったら、ぜひ靖國神社に足を運んでみてください。

0 件のコメント: