2010年9月9日木曜日

ベアフットランと呼吸 〜その2

さて、続きです。

まずは、なぜ踵を上げると呼吸が浅くなるのか、そのメカニズムを解説していきましょう。

右の図を見てください。このように、脊柱は側面から見ると緩やかなS字を描いています。首は前へ、胸は後ろへ、腰は再び前へと湾曲しています。これらは総称して生理湾曲と呼ばれており、これによって計24個の椎骨を大きな一つのスプリングのように使っているのです。

このような構造は人間独特のもの。
なぜか? 理由は簡単。
人間だけが二足歩行をする動物だからです。

なにしろ脊柱のてっぺんには体重の約10%もある重い頭部が乗っており、さらにその中には振動や衝撃に弱い精密機器である脳が入っているのは皆さんご存知の通り。生理湾曲がなければ、歩行の衝撃がダイレクトに脳をゆさぶり、10分と歩いていられないでしょう。つまり、この独特な構造は皆さんの優秀で大切なオツムを衝撃から守るための進化の結果というわけなのです。

ここまでを理解していただけたら、本題へ戻りましょう。

踵を高くすると骨盤が前傾し、この生理湾曲がきつくなるのです。特に腰部湾曲は前へとせり出し……と書いても想像しにくいでしょう。ハイヒールを履いた女性のヒップラインを思い出してください。腰はグッと反り、お尻はキュッと上がります。あの状態です。

この骨格バランスの変化によって何が起こるか?

腰を反らすことにより腹腔内の圧力が高くなり、その圧力は直上の横隔膜にも加わります。つまり、横隔膜の動きが制限されることにより、肺活量にも大きく影響が出るのです。

さらにもうひとつ。これはご存知ない方も多いのですが、私たちは呼吸する際、脊柱全体を使っているのです。生理湾曲のスプリングを伸び縮みさせることで胸郭を開き、腹腔内の圧力を逃がし……と、これも言葉で説明しても理解しづらいですね。もし、あなたの旦那さん(奥様)、あるいはお子さんの寝相が悪ければ、うつぶせ寝をしている時に、その背中をじっと観察してみてください。背筋全体が大きく波打つのが分かるはずです。

踵が高くなり、生理湾曲がきつくなると、この動きが悪くなるのです。これによっても呼吸が邪魔されるのです。

よく、ドラマなどで仕事から帰ってきたOLさんがハイヒールを脱ぎ捨て深いため息のような深呼吸をするシーンがありますね。あれ、実は上記のような理由で十分な呼吸が出来ていないから……と私は推測しているのですが、どうでしょう?

そういえば、日本を代表する(?)美男子俳優は鼻詰まり気味の声が特徴ですが、あれは、彼が密かにシークレットブーツを履いているために呼吸器系に問題が出ているのではないか……そういえば名刑事役のドラマが大ヒットした某大物俳優にも同様の噂がありますね。彼は現代劇の時にはグズグズの鼻声なのに、時代劇の時には朗々としたセリフ廻し。もしかしてあれも……な〜んて、あくまでも私の想像ですけどね。

いやはや、ずいぶん脱線してしまいました。続きは後ほど!

0 件のコメント: