2010年6月24日木曜日

国旗はためく下に 〜泉谷しげる



泉谷しげるさんがオフィシャルブログ兎猫豚(うびょうとん)のみらい日記にて宮崎県の口蹄疫に関してたびたび言及してくれている。泉谷さんのように声の大きく発信力のある方が口蹄疫について、ここまで突っ込んで発言してくれているのは非常にうれしい。

泉谷さんは雲仙岳噴火の時も、
北海道や神戸の震災の時も
「お前ら募金しろ!」と、いち早く声をあげ、
フォークゲリラやチャリティーライブを行った。

その時、私は何を思ったか。
「ああ、また泉谷が吠えてるよ、オッサンも好きだねぇ」と。

まるで他人事。なんと浅薄だったのだろう。
この国に対する想いに欠けていたのだろう。

自らの故郷が壊滅的打撃を受けて
初めて政治について、地方行政について、
農業について、ボランティアについて、
この国の過去現在未来について
41歳にして真剣に考えるようになった。
遅すぎたかもしれない。
しかし、手遅れではないはずだ。

とにかく、泉谷しげるさん、ありがとうございました。
様々な力関係が複雑に絡み合っている芸能界では
言いたい事を言うのには、とても勇気がいるはずだ。
それに屈せず声を上げてくれたこと、
きっと多くの宮崎県人の力になるはず。
本当に、本当に、ありがとうございました。

0 件のコメント: