2010年5月22日土曜日

宮崎口蹄疫救済支援割引始めます。

先日、常連の患者さまに「先生、最近ブログがおもしろくないよ」と指摘されました。確かにそのとおりです。ツイッターのログを丸写ししただけのブログは興味のない方にとっては何のことやらチンプンカンプンの短文の寄せ集めにしかすぎません。

昨日よりツイッターのログ保管はtwilogに変更。こちらは以前のように音楽やバイクなど私の趣味の話や日常のバカ話、世相に対する雑感、そして皆さんのお役に立てるような健康情報を書き綴っていこうと思います。

そんなブログ復帰第一回目に、少し辛いお話をせねばなりません。

ご存知の方も多いでしょうが、現在、宮崎県は口蹄疫という牛や豚が罹る伝染病が蔓延し、大変なことになっています。東国原知事をはじめとした現地の自治体職員の方々、酪農畜産家の皆さん、各地から応援に来てくださった大勢の獣医さん、自衛隊や警察の皆さんが力を合わせ、もう一ヶ月以上も死物狂いの努力を続けておられますが、感染が止まりません。今日には、最後に残った宮崎畜産の宝ともいえる6頭のスーパー種牛のうちの一頭に陽性反応がでました。

このまま感染が続けば、宮崎だけでなく、日本の畜産酪農業界が壊滅的な打撃を受けかねません。やっと政府も動き始めましたが、いかんせん感染のスピードに対応が追いついていないのが実情です。本日よりワクチンの接種も始まりましたが、事態はまったく予断を許さぬのが現状なのです。危機はいまだ続いているのです。

私は宮崎県の出身です。この故郷の危機に胸を痛めておりましたが、いかんせん私個人で出来る事は限られています。なにか故郷の役に立てるようなことは出来ないか、ずーっと考え続けてきました。

そんな時、ツイッターで五島聡さん(@gots_13)というイラストレーターさんが、義援金を寄附された方に無償でイラストを描いてさしあげるという活動をされているのを拝見しました。この活動をヒントに思いついたのが今回の『宮崎口蹄疫救済支援割引』です。本日より以下のような活動を始めさせていただきます。当院hp、このブログをご覧の方は、ぜひ趣旨をご理解くださり、この割引をご活用くださいますよう心よりお願い申し上げます。



宮崎口蹄疫災害の支援のための義援金、寄附金、ふるさと納税などにご協力くださいました患者さまはぜひ振込用紙の控え等をお持ちください。

上限5000円(一回分無料)として寄附された金額分を施術料より割引させていただきます。



義援金窓口等につきましてはこちらをご覧ください。


※実施期間:5月22日〜6月30日
※振込手数料等については除く。
※当院では義援金、寄附金等の受け取りは行っておりません。
金融機関等にてのご自身でのお手続きをお願いいたします。


0 件のコメント: