2010年4月17日土曜日

2010-04-16

  1. 匿名でやって『裸の自分』の発信力を知るといいと思う。RT@wingfeet01 http://tl.gd/sule5
  2. “、”が多過ぎ。さすがは脚本家。RT@tsuda 俺が@halu1224 のツイートで一番好きなのはこれだなー。140字という枠の中で綺麗に起承転結が成立してる。http://bit.ly/dlLLsz
  3. 一人称で暴力とエロス要素が入っていると「ハードボイルドだど‼」と自動的に銘打つのが日本の出版社。作者がスタイルに固執していないとしたら私の意見は的外れ。@shakaseの推薦理由もそこにはないはず。読了目指そう。しかし今夜は無理。やはり私には抵抗があって呑んで読める文体ではない。
  4. 『さらば雑司ヶ谷』を読み進められないでいる。若い作家の一人称文体独特の青臭さが鼻につくのだ。あまりに語りすぎる。読んでいて気恥ずかしい。チャンドラーやハメットとは隔世の感。これがmeイズム世代のハードボイルドなのだろうか。作品の面白さとは別問題だが、私には馴染みようがないかも。
  5. 「武術の奥義は『ケツを割る』って聞いたんだけど、どうやるんですか?」と若い患者さん。私、一瞬考えた後に大爆笑。患者さんキョトン。今時『根性なしがケツを割った』なんて言わないもんなぁ。ちなみに武術のコツ、正解は『腰を割る』こと。
  6. 足裏への刺激で直近にあるのは足底腱膜。ここへの刺激による足部アーチと身体バランスの変化との関係は? その内側の足指屈筋腱群はふくらはぎの深部へと続く。ここから股関節外旋筋群への関連や影響は? なお、経絡や足裏療法、リフレクソロジーなどについての直接的考慮は不要と思われる。
  7. 近所の農協直売所にて、ゆでたけのこ300円。かぐや姫伝説発祥の地ならではの楽しみ。節が詰まって柔らかそうでしょ? http://twitpic.com/1fvhsw
  8. やじうまプラスの占いに「よしっ!」とひとりごち、施術室の神棚にあげた水を換え、本日の無事故安全と患者さんの快癒を祈念。「どこが懐疑主義者やねん⁈」と自らツッコミつつも、止めるつもりはない毎朝の習慣。
  9. 足裏を揉むことで股関節廻りが緩むことは広く知られているが、実は、この時に自分の足裏を抱え込むためにとるポーズ、足首の背屈と足指の進展によるふくらはぎの筋群のストレッチがキモではないかと私考。真向法の教本にもこれを示唆する記述あり。考察研究のこと。
  10. 冷たい雨。室内気温14度。まさか4月も半ばになってからストーブを点けるとは思わなかった。地下足袋ジョグはおやすみ。やじうまプラスを見ながら真向法で股関節をほぐす。お天気お姉さんの加藤真輝子アナは一年でずいぶん上手になったし、顔つきも垢抜けてきたなぁ。カメラは女を磨く、か?
  11. [Blog更新] 2010-04-15 - 仕事の合間に意味もなくiWebでサイトのデザインを弄って遊ぶ。楽しい。DTPソフトはもっと凄いんだろうな。バイク便で割付用紙を引き取ったり、出稿待ちで徹夜.. → http://am6.jp/bNWuDR

Powered by t2b

0 件のコメント: