2010年1月21日木曜日

旧車好き、いろいろ


「このエンジン、ビラーゴとおんなじだよね?」

先日、セルフのガソリンスタンドで愛車のSRV250にガソリンを入れていると、背後から声をかけられた。年配の落ち着いた男性の声。

「ええ、そうなんですよ。ビラーゴ250のエンジンをツインキャブ化したりして、いろいろイジって流用してたんです」

オートストップの給油ノズルとはいえ油断するとガソリンが溢れ出てしまう。振り向こうにも振り向けず給油口を覗き込みながら返事をする。

「そうなんだ〜、やっぱりビラーゴと同じなんだぁ」

エンジンを覗き込むように私の正面に廻ってきた声の主は……いろんな刺繍やワッペンが入った布ツナギに、黒ゴム長のようなブーツ、そして後頭部に引っ掛けたコルク半キャップのヘルメット。わわわ、珍○団だぁ〜!……にしてはお年を召している。少なくとも私と同年輩か、それ以上だ。旧車會?

「エンジン綺麗だねぇ。どうやって磨いた?」

なんだか妙に馴れ馴れしい旧車會氏。戸惑いながら応対する私。そりゃそうだ。おそらく10代の頃に出会っていたら絶対に相容れなかったであろうことは間違いないのだから。しかしまぁ、絶版の旧車に銭を突っ込んでる点では共通してるし、我が姿を振り返ってみれば年期の入った黒い革ジャン革パンに出っ張り始めた腹を押し込んで、サングラス(レイバンのウェイファーラーを度入りにして使用)をかけてりゃ、どこの松田優作かぶれか、館ひろしかぶれのオヤジかと思われても仕方ないかもなぁ。世間様から見れば、旧車會氏とあんまり変わらんか。旧車會氏にも同類と認識された模様(w

セルフスタンドの給油スペースを二台分を占拠して、彼のFX(外為ではなくKawasaki Z400FX。“ふぇっくす”と読んでね)の自慢話を聞かされましたとさ。ラメ入りパープルの全塗装に三段シート、鬼ハン、集合管。もうね、頼むから特攻(ぶっこん)でぇ〜、不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまってぇ〜!


さすがにチームに勧誘されなかったのは、セパハンにしてたからかなぁ? 旧車會氏は渾身のコールを私に披露し、国一を(安全運転で)スッ飛んでいきましたとさ。 

4 件のコメント:

junji さんのコメント...

同類認定おめでとうございます!(笑) ←ゴメンナサイ
けどもしガソリンスタンド(限定)友達になったりすると、それはそれで楽しそうですね。

あしたか院長 さんのコメント...

>junjiさん
旧車會氏のオートバイへの情熱は熱いモノがありましたよ。ラメ調色が得意な塗装屋とか、三段シートをピシッと張ってくれるシート屋とか。とはいえ、お友達になるのはちょっと……ねぇ(w

匿名 さんのコメント...

まりパパの記憶が正しければ静岡県東部にはいろんな意味での旧車ずきが多いと思います。私の知り合いにもGC10をフルオーバーボールしてATまで組替えた御仁がいます。
いまだ修善寺にモンキー初期型6インチ走行三桁なんて車両が合ったりします
探せば、整備がうまい町工場もあります
田舎いーなー(ちなみに産地は三島です)

あしたか院長 さんのコメント...

>まりパパさん

確かに静岡東部には“好き者”が多いですねぇ。
私もそのひとりになりつつあるのかも?