2009年11月20日金曜日

整体とED


坐骨神経痛で当院に通っていただいている男性の患者さんが、私にこっそり耳打ちしてくれました。

「先生に診てもらってから、アッチも調子良くてさ♪」

聞けば坐骨神経痛を発症したほぼ同時期から、事に及ぼうとしても全く反応してくれなかったり、行為中に中折れするようになり、自分はまだ若いのにED(機能性勃起不全)になってしまったのではないかと誰にも言えず悩んでいたそうです。それが当院での施術を受けるようになって、なぜか息子の反応も良くなり、しっかり最後まで頑張れるようになった、と。

これは私の溢れるような性的魅力が患者さんの意識下を刺激し、眠っていた本能を呼び覚ました……わけではありません(w

簡単に説明すると、坐骨神経痛とは骨盤股関節の歪みや周囲の筋肉や靭帯の緊張が、腰椎〜仙骨から出て下腿へ向かう太い神経の束(坐骨神経)を圧迫して痺れや痛みを発する症状です。南龍整体術ではこれを改善するために股関節、骨盤、腰椎のバランスを整えて圧迫や緊張を取り除いていきます。これがなぜEDに効くのか?

実は生殖器を支配する神経系も腰椎〜仙骨より発していて、坐骨神経と一緒に神経の伝達を阻害されている例がたまにあるのです。こういうケースでは、一般的にEDの原因として取り上げられるストレスの問題でも生殖器の問題でもなく、いうならば配線のつながりが悪くなっていただけなのです。ちなみにこの症状は私自身も経験済みです。嫁さんにも、治していただいた御宗家にさえ打ち明けたことはないですけどね(^-^;

もちろん、すべてのEDが骨盤調整によって治るわけではありませんが、こういったところにもEDを発症する原因があるのですよ。もし心当たりのある方はぜひ当院の施術をお試しください。

0 件のコメント: