2009年11月25日水曜日

熱血スポ根整体院!?


「こんなになるまで、なんで放っておいた!! なぜもっと早く来なかったんだ!!」

あろうことか、こんな風に患者さんを怒鳴りつける整体院が世の中にはあるらしいですよ。星一徹も顔負けですね。うちの患者さんに聞いた限りでも静岡県下に複数。東京でも同様の対応をする整体院の噂を聞いたことがあります。患者さんは身体が辛くて整体院に行ったのに、頼りの先生に開口一番罵倒されては立つ瀬がないやねぇ。うちの患者さんは「いい歳なのに、他の患者さんの前で叱りとばされて痛みが二倍になった」ってボヤいてました。

あのね、これ、多分セールス・トークですよ。患者さんに身体が歪むことへの恐怖心を与えてリピートをうながすことを狙ってるんでしょう。おそらくは業者向けのセミナーなんかで教えてるテクニックじゃないかな? なんとも姑息な手段です。もし、あなたが通ってる整体院でこんなことを言われたら、即座にこう怒鳴り返しましょう。

「こっちは客だぞ! こんなになって痛いから来たんだッ!! 痛くなきゃこんなとこに来るかい! つべこべ言わずにさっさと治せ!!」

すでに何度も書いていますが、元々四足歩行をするために基本設計された構造を、無理矢理二足歩行用に設計変更したのが人間の身体です。よって、歪むのは当たり前、ズレるハズれるも日常茶飯事。身体を歪ませずに生きていく方法があるなら、ぜひその先生に教えを乞いたいもんです。

歪めば整えればいいし、ズレはハメればいいだけ。そのために私たちのような職業が、四百年以上廃れも消え去りもせずに存在しているのです。身体の歪みを恐れてビクビクと生活するよりも、思いっきり身体を使って好きな事をやりましょう。それで痛みや歪みが出たとしても、当院においでくださればキッチリ調整させていただきます。身体を使ってナンボ。健康はそれ自体が目的ではなく、より豊かな生活をおくるための手段なのです。

ちなみに、うちの師匠は歪みの酷い患者さんがいらっしゃると「ほう、こりゃ楽しそうやなぁ♪」と浮き浮きして施術の腕を存分に振るわれます。間違っても患者さんを怒鳴りつけたりしませんよ。私はまだまだ師匠の境地には遠く及びませんが、常に全身全霊を込めて施術させていただきます。もちろん患者さんを怒鳴ったり脅したりはしませんので、どうぞご心配なく来院くださいませm(_ _)m

0 件のコメント: