2009年5月30日土曜日

ヒアルロン酸とかコンドロイチン硫酸とか

「アレ、効くのかなぁ?」と患者さんに聞かれました。

大物俳優が「頼りにしてます」とか「助かります」とテレビで宣伝してるアレです。さすが、お上手ですねぇ。『効きます』とか『治ります』とは言えませんからねぇ。だって、お薬じゃないんですから。高価そうなゴールドのパッケージに入った健康食品です。

ヒアルロン酸を補給できるそうです。この製品のサイトによると、ヒアルロン酸は年齢とともに減少していくそうです。食事で効果的に補おうとしても、普段の食事に使われる食材にはほとんど含まれていない成分だそうです。20歳の時を100とした場合のヒアルロン酸保有率は、60歳の時には約75%も減少してしまうそうです。……ホンマかいな?

なお、独立行政法人国立健康・栄養研究所による安全性有効性情報は以下の通り。


上記のリンクを参照の上で「あると思います!」と感じれば飲んでみるのもいいでしょう。

ちなみに、我が家では嫁さんが変股症から来る痛みで苦しんでいる時に、藁にもすがる思いでせっせと高価なヒアルロン酸錠を買って飲ませていましたが、痛みは引かず、効果を感じられず、相談した整形外科医には「そんなモンが効くんなら、医者が処方するはずでしょ?」と冷笑されて以来、一切購入しておりません。

まぁ、医者が『末梢神経の損傷を修復する』と処方するビタミンB12錠(処方薬名はメチ○バール。最近ではナポ○ンとして市販されました)も同様に効果は感じられませんでしたから、医者の言うこともどっちもどっちだとは思いますけどね。

個人的には『コレを飲んだから、ココが良くなる』といった健康食品やサプリメントは存在しないし、それ以前に、人間はそんなに単純な構造ではないと身に沁みて実感しております。

いずれにせよ、そーいうワケで、当院では健康食品やサプリの類いの販売は一切やっておりません。

0 件のコメント: