2009年3月16日月曜日

RE:健康体操を始める前に

先日の私のブログ『健康体操を始める前に』を読んだ方よりご相談のメールをいただきました。股関節痛に苦しむ息子さんをもつお母さまからです。許可を得て、私からの返信をここに転載します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
前略 メール拝見しました。

サッカー部に所属しながら、股関節の痛みに悩まされては満足なプレイもできないでしょう。痛みに邪魔されて好きなことを思いっきり出来ない息子さんの苦しみは実によく理解できます。

さて、ご質問の件ですが、文面から見るに、息子さんの股関節痛は私のものと同様の“骨盤のズレ”から生じているものと察せられます。

>ボールに真っすぐに脚を当てられない。

>ボールを蹴るだけで痛い。

>あぐら座りができなくなった。

>ストレッチをすると身体が固くなる。

これらはすべて私も同様の経験をしています。簡単にご説明すると、片方の骨盤(腸骨)がズレることによって、太ももの骨(大腿骨)と繋がる骨盤側の穴(寛骨臼)の位置が変わり、股関節の可動域を制限してしまうのです。息子さんのように脚を真っすぐに振り出せなくなってしまうのは、その顕著な例といえるでしょう。

サッカーは武道格闘技と同じくらいに身体同士が直接接触する機会の多いコンタクトスポーツです。転倒なども多いでしょう。おそらくはその際に大きな衝撃を腰に受けたのではないでしょうか? ご存知の通り、静岡はサッカーが盛んな土地柄ですから、やはり同様の症状に悩む中高生の患者さんを何名も診ております。

ご心配されている特発性大腿骨頭壊死についてですが、全くないとは言い切れませんが、その可能性は限りなく低いと思います。どうしても気になるのであれば、一度病院へ行って検査を受けることをおすすめします。

次に、この状態を自力で治す体操についてですが、残念ながら私にも分かりません。ブログにも書いた通り、私の症状が回復したのは現在の師である寺西宗家の施術を受けてからのことですから。今、私がアドバイスできるとしたら『絶対に無理をしないこと』だけです。ストレッチや筋力トレーニングで治すのは難しく、逆に悪化させることの方が多いです。

もしご希望であれば、そちらに近い南龍整体術の整体院を紹介させていただき、私からも連絡を入れておきます。どうぞお気軽にご連絡ください。なお、最後になりましたが、上記はメールの文面からのみ推察した所見であることをご理解くださいませ。

加島拝

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

0 件のコメント: