2009年1月9日金曜日

呼吸法ブームと座禅ダイエット

世間では呼吸法や座禅が注目されているらしい。

座禅を取り入れたテレビゲームまで出ているのだから世の中わからないものだ。画面に映ったバーチャルな蝋燭の灯を睨みつつ、尻の痛くなりそうなプラスチックの板の上に座る行為の、どこが座禅なのかと問いたくなる人もいるだろうが。

さらに驚いたのが『座禅ダイエット』なる減量法だ。結跏趺坐を組むことで正しい姿勢を保ちインナーマッスルを鍛え、腹式呼吸で酸素を大量に取り込むことで脂肪を燃焼し、全身の血流血行を良くするのだという。

ホンマかいな?

この座禅ダイエット、どうも発祥はアメリカらしい。う〜む、パワーヨガやホットヨガに「あれはニセモノだ」と複雑な表情をみせた本場インドのヨガ行者の気持ちが分かるような気がするよ。

ちなみに私も呼吸法による鍛錬は実践しているし、時には戯れに禅を組むこともある。あくまで我流であるが、これがなかなか楽しい。少なくとも背後を怖い顔をした雲水が警策を持ってウロウロしないだけ気楽だ。

しかし、もしこのブームに乗って参禅道場に若いおネェちゃんが押し掛けているのなら……本格的に修行しても良いかな?(笑)

画像は座蒲と呼ばれる座禅用の敷物と、私の呼吸法の教科書である白隠禅師の『夜船閑話』。

なお、言わずもがなの蛇足ではあるだろうが、座禅で痩せたければ食生活も雲水風にすべきだろう。基本一日一食、一汁一菜に沢庵二切れを続けられればダイエット成功は間違いないはず。たとえ座禅を組まなくてもね(^_^;)

0 件のコメント: