2008年10月14日火曜日

東京風(?)の頚椎調整

先日、ある女性と話をした。

彼女は歯科医に勤めており、長い日には8時間以上も身体をかがめて患者さんの口の中を覗き込んでいるという。当たり前の話だが、長時間、不自然な姿勢を続ければ、骨格へ影響が出る。

彼女の場合も首と肩の凝りに悩まされており、整体にかかっているのだが、その整体師さんが言うことにゃ頚椎の調整は、失敗すると首の骨が擦れて削れることがあるから注意が必要」とのこと。しかも、彼女が凝りをほぐそうと首をコキコキ鳴らす「首に悪いから止めなさい!」烈火のごとく怒るのだという。

う〜ん……そのウソ、ホントか?

まず、彼女程度の頚椎のズレを外側から調整して、骨同士が当たることなどありえない。そもそも頸骨の間にはクッションとして椎間板がサンドイッチされており、しかも重い頭を支える強力な首の筋肉に包まれている。首を捻り切りでもしなきゃ不可能だ。

それなのに施術で骨と骨とを擦り合わせる怖れがあるとは、よほど力持ちな整体師さんなのだなぁ。それでいて首を捻ってコキコキやるのが「首に悪い」とはどーいうこっちゃ? そもそも自らの意識的な首の動きで自分の頸骨を壊すことができる人間なんているのか? 患者さんが首をコキコキやったくらいで戻るようなヘッポコな調整をしているんなら話は別だけどさ。

かわいそうなのは彼女だ。首を鳴らすことを怒られてから、その事が気になって仕方なくなり、首を鳴らすのを辛抱するという余計なストレスまで抱え込んでしまったのだから。

「大丈夫、好きなだけポキポキやればいいよ。絶対に悪くはならないから」

そう教えてあげた時のうれしそうな顔ったらなかったよ。彼女がご近所さんなら、きっちり治してあげるんだけど、残念ながら東京在住。都内の同門を紹介しておいた。

しっかしまぁ、なんつーか、東京の整体師さんってのは、こんな程度で商売になるんだなぁ(^-^;

3 件のコメント:

aiks さんのコメント...

やだわ~、東京一括りに聞こえちゃうじゃないですか~~

ちなみにウチんとこは違います!って世の中に知らしめなくては。

Cotaro.CACIMA さんのコメント...

>aiksさん

そーいう意味じゃないですよ(汗) aiksさんの腕は私もよーく知ってますから。東京にもいろいろありますからねぇ(w

aiks さんのコメント...

そっすね~(^^)わかりま~す!
世の中を変えなくては。(話でかっ)

でもマジで未来が楽しみです。
どうぞこれからもよろしくです。